プロフィール

オカリナベ

Author:オカリナベ
最近オカリナ始めたばかりの初心者です。(2007/02/26スタート)

オカリナって素人っぽい音色も魅力の一つです。
つまり初心者の演奏でも、それなりの味わいがあります。
…っと、思って、これまで練習した曲を公開しました。

基本的には原曲(楽譜)をベースにして吹いてはおりません。

こ~んな感じって良いなぁと、思いつくまま全く自分なりの
イメージで自由に吹いております。
予めご承知おき下さい。

オカリナを演奏される方々には「お手本」ではなく「反面教材」
として、ご利用頂ければ…

また休日に老人ホームでオカリナの演奏会をボランティアで
やらせて頂いていますので、曲目は懐かしのメロディが中心です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
風と共に去りぬ「タラのテーマ」
「風と共に去りぬ」のような大作を1939年という
まだ太平洋戦争が始まる以前に既にアメリカが
完成させていたのかぁと思うと、当時日本が
よく彼我の国力の違いをも考えずに開戦したものだ
と改めて痛感します。

あまりにも有名な映画(小説も)ですから筋書きは
省略します。面白いなと思ったのはスカーレットが
パーティに出席する前に女中にコルセットを
締められながら悲鳴を上げる場面です。(変な
趣味じゃなくて…(*^_^*)

確かによくあれだけ腰が細くなるなぁと思うほどの
プロポーションですが、でもあれって人体に良い訳が
ないですよね。なんか健康に良くないことを無理して
やらないと「美しくなれない」という脅迫観念が
元々人間にはあるのではないでしょうか。

最近でもファッションモデルの痩せ方って
異常ですよね。イタリアのモデル界では痩せすぎの
モデル禁止令が出たほど…(^_^;)

またヒールの高い靴でヨチヨチなど、中国の
古い風習である纏足?を思わせます。

男性でも首を絞めるネクタイって、どう考えても
健康的ではない。夏は暑いし…^m^

健康的という意味ではゴクセンご愛用の
ジャージー姿なんか、ぴったりです。(*^^)v
それとスニーカーですか。

何事も自然が一番。

この「タラのテーマ」(Tara's Theme)もアメリカの
雄大な大自然を思わせる名曲です。

クラーク・ゲーブルとヴィヴィアン・リーが炎の中
馬車に乗って町を脱出する場面が目の前で展開されて
いるような気分になります。\(^o^)/




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

スポンサーサイト
【2011/11/11 13:15】 | スクリーン・ミュージック |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。