プロフィール

オカリナベ

Author:オカリナベ
最近オカリナ始めたばかりの初心者です。(2007/02/26スタート)

オカリナって素人っぽい音色も魅力の一つです。
つまり初心者の演奏でも、それなりの味わいがあります。
…っと、思って、これまで練習した曲を公開しました。

基本的には原曲(楽譜)をベースにして吹いてはおりません。

こ~んな感じって良いなぁと、思いつくまま全く自分なりの
イメージで自由に吹いております。
予めご承知おき下さい。

オカリナを演奏される方々には「お手本」ではなく「反面教材」
として、ご利用頂ければ…

また休日に老人ホームでオカリナの演奏会をボランティアで
やらせて頂いていますので、曲目は懐かしのメロディが中心です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
イギリス国歌「ゴッド・セイブ・ザ・クィーン」
イギリスのウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式を
記念してイギリス国歌「ゴッド・セイブ・ザ・
クィーン」を吹いてみました。

17世紀に作られた歌ですから、結構古いですよね。
でも歌詞とそのテンポは「君が代」に近いか…(・・?


God save our gracious Queen,
Long live our noble Queen,
God save the Queen
Send her victorious,
Happy and glorious,
Long to reign over us,
God save the Queen.


日本の場合は天皇陛下が最上位ですが、
イギリスはその上にキリスト教の神様が居るから
「神よ女王陛下を救い給え」
と国民側がお願いしている形になる。

メロディは素朴で讃美歌に近いのでオカリナには
吹きやすい曲です。あまり聴きませんけど…(^_^;)

オカリナという楽器自体のイメージがfolk(民衆)
中心ですから国家という枠にハマったものからは
遠い。自由、素朴、そして手軽って感じ。(*^^)v

国歌という堅苦しいものとは、ちょっと合わない。

その合わないところを吹いてみると、これが
案外良いメロディだったりする。

固定観念に捉われず何でも試してみる
ことですね。(*^_^*)




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

スポンサーサイト
【2011/05/09 17:10】 | 抒情歌・唱歌・童謡 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。