プロフィール

オカリナベ

Author:オカリナベ
最近オカリナ始めたばかりの初心者です。(2007/02/26スタート)

オカリナって素人っぽい音色も魅力の一つです。
つまり初心者の演奏でも、それなりの味わいがあります。
…っと、思って、これまで練習した曲を公開しました。

基本的には原曲(楽譜)をベースにして吹いてはおりません。

こ~んな感じって良いなぁと、思いつくまま全く自分なりの
イメージで自由に吹いております。
予めご承知おき下さい。

オカリナを演奏される方々には「お手本」ではなく「反面教材」
として、ご利用頂ければ…

また休日に老人ホームでオカリナの演奏会をボランティアで
やらせて頂いていますので、曲目は懐かしのメロディが中心です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
映画・アラモ「遥かなるアラモ」
ディビイ・クロケットをジョン・ウェイン、
ジム・ボウィをリチャード・ウィッドマークが
演じた1960年に製作された映画「遥かなるアラモ」
(The Alamo)のテーマ曲です。

ラストシーンでメキシコ兵に多勢に無勢で攻められて
全滅する場面は圧巻でした。

ところでマカロニウェスタンも含め、西部劇って
最近、低調です。

一つは目玉である騎兵隊とインディアンの戦いが、
人種差別だと白い目で見られること。

もう一つはジョン・ウェインのようなマッチョな
タイプが受けないことじゃないでしょうか。

後者は日本にも当て嵌まり、ヤクザ映画が下火です。
高倉健なんかも、すっかりおとなしくなって…
マッチョ受難の季節ですよね。

このディミトリ・ティオムキン作曲の「The Green Leaves
of Summer」はプラザース・フォアが歌い日本でもヒット
しました。

今、この曲を聴くことは、ほとんどありません。
あの頃が「男」の最盛期だったんだなぁ、と。

哀愁を帯びたメロディは、アラモで全滅した
「男」達を追悼しているようで、胸に迫るものが
あります。




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

スポンサーサイト
【2011/04/21 13:12】 | スクリーン・ミュージック |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。