プロフィール

オカリナベ

Author:オカリナベ
最近オカリナ始めたばかりの初心者です。(2007/02/26スタート)

オカリナって素人っぽい音色も魅力の一つです。
つまり初心者の演奏でも、それなりの味わいがあります。
…っと、思って、これまで練習した曲を公開しました。

基本的には原曲(楽譜)をベースにして吹いてはおりません。

こ~んな感じって良いなぁと、思いつくまま全く自分なりの
イメージで自由に吹いております。
予めご承知おき下さい。

オカリナを演奏される方々には「お手本」ではなく「反面教材」
として、ご利用頂ければ…

また休日に老人ホームでオカリナの演奏会をボランティアで
やらせて頂いていますので、曲目は懐かしのメロディが中心です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
槇原敬之「もう恋なんてしない」
槇原敬之の1992年のヒット曲「もう恋なんてしない」
を吹いてみました。

氷河期世代にとっては、忘れられない曲です。
「身体の左側が寂しい」なんて、恋人を失った男に
とって実にリアルな感覚ですよねぇ。

一方、女性の「右側が寂しい」と歌った曲は
ありませんけど…^m^

さて、オカリナで曲を吹く場合、それが
ヒットした頃から10年は欲しい。

今の新曲を吹くのも良いですが、
なんか新し過ぎて痛い。

ワインの新酒のような感じで良さそうに思うのですが、
口に直接響くようなところがあります。

オカリナってやはり、どこか懐かしくないと
心に届かないって部分があると思うんですよ。

ヒットしてから時が経ち人々の記憶の中で熟成された
曲はオカリナに優しい、まろやかさがあるわけです。

その記憶は自分のでなくても、良いのです。

15歳の人が17年前の生れる以前の曲でも…
人々の共有記憶の中で熟成されてさえいれば。

歌がヒットして3~5年はカラオケでよく聴きます
そして、それが人々に忘れ去られて記憶の中だけで
密かに眠り続ける時間がオカリナには必要なんです。

うまく表現できませんが、想い出が繭のように
紡ぎ出されたような曲がオカリナにはあう
ような気がしています。

この「もう恋なんてしない」がほぼ18年前の曲です。

さすがに今だに失恋中でそれをひきずっている人は
少ない。…と、思われます。(^_^;)

ちょうどオカリナで吹き頃の曲だと個人的には
思うんですが、いかがでしょうか(・・?




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

スポンサーサイト
【2010/09/01 11:37】 | 国内ポップス |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。