プロフィール

オカリナベ

Author:オカリナベ
最近オカリナ始めたばかりの初心者です。(2007/02/26スタート)

オカリナって素人っぽい音色も魅力の一つです。
つまり初心者の演奏でも、それなりの味わいがあります。
…っと、思って、これまで練習した曲を公開しました。

基本的には原曲(楽譜)をベースにして吹いてはおりません。

こ~んな感じって良いなぁと、思いつくまま全く自分なりの
イメージで自由に吹いております。
予めご承知おき下さい。

オカリナを演奏される方々には「お手本」ではなく「反面教材」
として、ご利用頂ければ…

また休日に老人ホームでオカリナの演奏会をボランティアで
やらせて頂いていますので、曲目は懐かしのメロディが中心です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
カッチーニ「アヴェマリア」
カッチーニのアヴェ・マリアは最近テレビのCMに
使われたりして人気のようなので吹いてみました。

色んな歌手がこの曲を歌っているのですが、特に
アンドレア・ボッセリの最後の終わり方が良かった
のでパクリました。(^_^;)

出だしは皆一緒なんですが、途中や最後は人によって
少しずつ違いがあるのは面白いですよね。

でも歌詞だけは最初から最後まで"Ave Maria"だけ。^m^

さて自分も変化を付ける意味でオカリナ独特の
キュポーって雑音を入れてみました。
コントロールされた雑音って、もう雑音とは
言えない。(*^^)v

つまり綺麗にキュポーと入れるのには指の動きが
速すぎても遅すぎても駄目です。また入れる
タイミングも大切です。
意図的のその辺りをコントロールする必要が
あります。

いきなり話は飛びますが、モダンアートって
要は雑音を芸術のなかに取り込む動きじゃ
ないでしょうか。偶然性やゆらぎみたいなものを。

それがコントロールされパターン化されると、その
新鮮味が薄れるのですが、逆にコントロールされないと
本当の雑音になるって矛盾を含みつつ…

カオスに陥るギリギリの線、具体的にはカオス理論の
閾値3レベルと言ったら良いのか、そこを常に
更新してゆく動きなんでしょう(・・?

確かにカッチーニのアヴェ・マリアって、向こうに
誘われながらもその一歩手前で止まっている
ような危うさを感じさせますよね。




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

スポンサーサイト
【2010/07/28 15:54】 | クラシック |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。