プロフィール

オカリナベ

Author:オカリナベ
最近オカリナ始めたばかりの初心者です。(2007/02/26スタート)

オカリナって素人っぽい音色も魅力の一つです。
つまり初心者の演奏でも、それなりの味わいがあります。
…っと、思って、これまで練習した曲を公開しました。

基本的には原曲(楽譜)をベースにして吹いてはおりません。

こ~んな感じって良いなぁと、思いつくまま全く自分なりの
イメージで自由に吹いております。
予めご承知おき下さい。

オカリナを演奏される方々には「お手本」ではなく「反面教材」
として、ご利用頂ければ…

また休日に老人ホームでオカリナの演奏会をボランティアで
やらせて頂いていますので、曲目は懐かしのメロディが中心です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ビリー・ヴォーン「浪路はるかに」
1957年にリリースされた「浪路はるかに」
Sail Along Silvery Moonはいかにも
ビリーヴォーン楽団Billy Vaughnらしい曲です。

この曲だけではなく、この楽団の
演奏する曲は全て潮の香と波の響きを感じさせます。

寄せては返すメロディを、ゆったりと、
のんびりとした海で寛いでいる気分で
吹いてみました。

ビリーヴォーン楽団は管楽器の響きが美しい。
繊細さには欠けますが、大きく包容する感じが
ありますよね。(*^^)v

オカリナでこの曲を吹くときに、あまり高音管では
合わないと思います。低音部の響きが波のように
ザッブーンと迫ってこないと…

そういった意味ではソプラノF管は音が高すぎるかも
知れません。波じゃなくて小川のせせらぎのような…^m^




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

スポンサーサイト
【2009/11/08 12:46】 | 海外ポップス |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。