プロフィール

オカリナベ

Author:オカリナベ
最近オカリナ始めたばかりの初心者です。(2007/02/26スタート)

オカリナって素人っぽい音色も魅力の一つです。
つまり初心者の演奏でも、それなりの味わいがあります。
…っと、思って、これまで練習した曲を公開しました。

基本的には原曲(楽譜)をベースにして吹いてはおりません。

こ~んな感じって良いなぁと、思いつくまま全く自分なりの
イメージで自由に吹いております。
予めご承知おき下さい。

オカリナを演奏される方々には「お手本」ではなく「反面教材」
として、ご利用頂ければ…

また休日に老人ホームでオカリナの演奏会をボランティアで
やらせて頂いていますので、曲目は懐かしのメロディが中心です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
Kiroro「未来へ」
1998年ですからちょうど10年前ぐらいにヒットした
キロロの「未来へ」です。

キロロの玉城千春さんの声ほどオカリナF管の音色に
近いの音は他にないのではないでしょうか。(*^^)v

「ほうらぁ」、で始まるフレーズは何度吹いても
素晴しい!でも、途中のフレーズの繰り返し部分
うまく耳コピ出来なかったので勝手に省いてます。
(*^_^*)

ところで、母にこの歌を何度も聴かせるのですが…
もう一つ好きじゃないようです。

子供が母を想う歌であって、母からはあまり
ピンと来る歌じゃないせいかも知れません…(・・?

さんざん心配かけておいて、今さらそんなことを
言われてもぉ…とかね。^m^

冗談はさておき歌って、歌う側の気持ちに
共感するのであって、歌われてる対象が
それに共感することはないんじゃないでしょうか。

例えば梓みちよが大昔に、歌った「今日は赤ちゃん」
とか、歌う側の母親達が共感するわけで、赤ちゃんが
この歌に共感することはない。
(そもそも赤ちゃんが共感するかどうかは
別にして…(^_^;)

さらに言えば、失恋の歌でかっての恋人に呼びかける
歌が結構多いけど、失恋した人達がその苦しみや
悲しみに共感するわけで、振った人達が聴けばそれって
極めて居心地の悪いものなんでしょう?
(自分には良く分かりませんが…)

この感じってよくアメリカ映画で珍妙な中華風
ごちゃまぜ日本?スタイルが、「これが日本です」
って、映像化されますよね。

つまり対象側はそんな風な居心地の悪さを
感じるのだと思います。

何故なんでしょう?

歌う側の感情移入によって、対象側がそれに
よって変形させられてるからじゃないでしょうか?

それでは、
歌う側も歌われる対象側も両方が同時に
感情移入できる正しい歌って存在しないのか?
ってことになりますが、
歌の本質として「正しい客観的な」歌って
無いのじゃないでしょうかねぇ。

もしかりに、そんな歌を作ったとしても
誰も感動しない。(^_^;)

歌う側の都合で状況や対象が変形しているから
感情移入できる。

もっと言えば「変形」そのものが歌の本質かも…




YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

スポンサーサイト
【2009/09/17 11:03】 | 国内ポップス |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。