プロフィール

オカリナベ

Author:オカリナベ
最近オカリナ始めたばかりの初心者です。(2007/02/26スタート)

オカリナって素人っぽい音色も魅力の一つです。
つまり初心者の演奏でも、それなりの味わいがあります。
…っと、思って、これまで練習した曲を公開しました。

基本的には原曲(楽譜)をベースにして吹いてはおりません。

こ~んな感じって良いなぁと、思いつくまま全く自分なりの
イメージで自由に吹いております。
予めご承知おき下さい。

オカリナを演奏される方々には「お手本」ではなく「反面教材」
として、ご利用頂ければ…

また休日に老人ホームでオカリナの演奏会をボランティアで
やらせて頂いていますので、曲目は懐かしのメロディが中心です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ビートルズ「イエスタデイ」
1965年にビートルズのポール・マッカートニーが
作曲した「イエスタデイ」は当時大ヒットしました。

この曲は比較的オカリナでは吹き易いものの一つです。
ところが、簡単なメロディの曲はどうしても自分の
頭の中で出来上がってる曲のイメージで吹いてしまう
傾向があります。

だから、「あたかもビートルズのYesterdayで
あるかのような」ものと言うべきでしょう。

多分、原曲の楽譜を良く知ってる人、さらに、
私が抱いているYesterdayのイメージと違う
イメージを持ってる人は、「これって、Yesterday??」
と感じるのではないでしょうか?

かなり広汎にYesterdayのイメージが世界中に
遍在していて、その内の一つを個人が
選択しているのか。

あるいは各々個人の記憶に眠っているものから
それぞれのYesterdayが生まれてきているのか。

さらにまた演奏する行為って不可逆なんですよね。

そのときその場の状況、自分の体調や精神状態など諸々の
要因によって微妙に曲が違ったものになる。

いや、こうしてmp3に落としてデジタル化すれば、
いつ聴いても同じはずだと思う方もおられるでしょう?
でも実際には、違うんです。

二度と同じ感覚は戻って来ないんです。

そう考えると不思議ですよね。音楽って。というか
人生って、と言うべきか…

Yesterdayは過去ですが、思い出すたびに
違うんですよねぇ。



YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

スポンサーサイト
【2009/07/28 10:53】 | 海外ポップス |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。