プロフィール

オカリナベ

Author:オカリナベ
最近オカリナ始めたばかりの初心者です。(2007/02/26スタート)

オカリナって素人っぽい音色も魅力の一つです。
つまり初心者の演奏でも、それなりの味わいがあります。
…っと、思って、これまで練習した曲を公開しました。

基本的には原曲(楽譜)をベースにして吹いてはおりません。

こ~んな感じって良いなぁと、思いつくまま全く自分なりの
イメージで自由に吹いております。
予めご承知おき下さい。

オカリナを演奏される方々には「お手本」ではなく「反面教材」
として、ご利用頂ければ…

また休日に老人ホームでオカリナの演奏会をボランティアで
やらせて頂いていますので、曲目は懐かしのメロディが中心です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
いきものがかり「YELL(フル歌)」

以前にも一度アップしたものですが再度、
いきものがかりのYELL(フル歌ヴァージョン)を吹いてみました。




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

スポンサーサイト
【2011/04/24 17:37】 | 国内ポップス |
映画・アラモ「遥かなるアラモ」
ディビイ・クロケットをジョン・ウェイン、
ジム・ボウィをリチャード・ウィッドマークが
演じた1960年に製作された映画「遥かなるアラモ」
(The Alamo)のテーマ曲です。

ラストシーンでメキシコ兵に多勢に無勢で攻められて
全滅する場面は圧巻でした。

ところでマカロニウェスタンも含め、西部劇って
最近、低調です。

一つは目玉である騎兵隊とインディアンの戦いが、
人種差別だと白い目で見られること。

もう一つはジョン・ウェインのようなマッチョな
タイプが受けないことじゃないでしょうか。

後者は日本にも当て嵌まり、ヤクザ映画が下火です。
高倉健なんかも、すっかりおとなしくなって…
マッチョ受難の季節ですよね。

このディミトリ・ティオムキン作曲の「The Green Leaves
of Summer」はプラザース・フォアが歌い日本でもヒット
しました。

今、この曲を聴くことは、ほとんどありません。
あの頃が「男」の最盛期だったんだなぁ、と。

哀愁を帯びたメロディは、アラモで全滅した
「男」達を追悼しているようで、胸に迫るものが
あります。




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2011/04/21 13:12】 | スクリーン・ミュージック |
イタリア映画・道「ジェルソミーナ」
1954年のイタリア映画「道」の主題歌 です。
ジェルソミーナというのは大道芸人に売られた
女性の名前です。監督はフェデリコ・フェリーニ、
作曲はニノ・ロータ。確かアンソニークインが
大道芸人の役だった。

戦後すぐのイタリア映画だから背景はすごく
貧しい。登場人物達はさらにその社会の
底辺に生きている、その様子がよく描かれて
いました。

ジェルソミーナがすごく尽くすんですよね。
でもそれをアンソニークインは暴力で応える。
DVの先駆けのような…(^_^;)

寄る辺ない、しがなさ、が身に滲みるような
内容でした。それにまたこの主題歌のテーマ…
ピッタリ。

勿論、1954年に見たわけではなく、ビデオですが
その白黒の映像と音楽が印象的でした。

オカリナで演奏するときも、

ドーシドシミー ラーソラソドー

と始まりそれが何度も繰り返される。
繰り返されながら、少しづつ変化する。
大道芸人の日常生活の哀歓を込めながら…



YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2011/04/20 15:19】 | スクリーン・ミュージック |
映画タイタニック「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」
1997年に公開された「タイタニック」(Titanic)は、
1912年に実際に起きたタイタニック号沈没事故を基に映画化
されたものです。

主演はレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットで
当時の映画史上最高の世界興行収入を記録しました。

また、セリーヌ・ディオンが歌った「マイ・ハート・ウィル・
ゴー・オン」が大ヒットしたことも記憶に新しいところです。

メロディの伸びる部分が多いのでオカリナでよく演奏されます。
低音部と高音部を同じメロディで吹くのですが、やはり少し
高音が難しい。

セリーヌ・ディオンは高音の方が綺麗に歌うようですが…(^_^;)




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2011/04/19 15:54】 | スクリーン・ミュージック |
NHK朝ドラ「てっぱん」
2010年の9月から始まったNHK朝の連続ドラマ「てっぱん」の
メインテーマ「ひまわり」です。

この曲は主人公「あかり」の実の父親がトランペット用に
作曲したことになってまして、オカリナでも吹き易い。

テレビでは最初楽譜を見ながらあかりは吹いてましたが、
自分は全くの耳コピですから…(^_^;)

でも雰囲気出てるかなぁ~と。(*^^)v




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2011/04/18 16:14】 | 抒情歌・唱歌・童謡 |
ニニ・ロッソ「星空のブルース」
「星空のブルース」(Wonderland by Night)は1961年に
ベルト・ケンプフェルト(Bert Kaempfert)楽団が演奏し
全米ヒットチャート連続3週一位になった曲だそうです。

どこか聴き覚えのあるメロディです。

トランペットのニニ・ロッソ(Nini Rosso)が吹いて
いたような…記憶があります。

音が伸びる部分が多いせいでしょうか、トランペットに
合う曲はオカリナでも吹き易い。

なんかレトロな雰囲気を感じさせますよね。(*^^)v




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2011/04/11 14:38】 | 海外ポップス |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。