プロフィール

オカリナベ

Author:オカリナベ
最近オカリナ始めたばかりの初心者です。(2007/02/26スタート)

オカリナって素人っぽい音色も魅力の一つです。
つまり初心者の演奏でも、それなりの味わいがあります。
…っと、思って、これまで練習した曲を公開しました。

基本的には原曲(楽譜)をベースにして吹いてはおりません。

こ~んな感じって良いなぁと、思いつくまま全く自分なりの
イメージで自由に吹いております。
予めご承知おき下さい。

オカリナを演奏される方々には「お手本」ではなく「反面教材」
として、ご利用頂ければ…

また休日に老人ホームでオカリナの演奏会をボランティアで
やらせて頂いていますので、曲目は懐かしのメロディが中心です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
すぎもとまさと「吾亦紅」
2007年にヒットした「すぎもとまさと」の
「吾亦紅」です。
中高年の男性に人気の曲。当時カラオケでようやく
新しいナンバーが歌えると…(*^^)v

この曲は語りが中心ですから、いわば
オジサンのラップです。(^_^;)

オカリナでオジサン・ラップを表現するのは難しい。

でも、難しい曲を避けていては、オカリナ向けの
メロディに「固まって」しまうような気がして
敢えて挑戦しています。
(上手、下手は別にして…(*^_^*)

特に「あなたに、あなたに、あやまりたくて」
の部分、高音で、
ララレレー、ララファファー、ミミレレドドシ♭ー
と吹くところさえ、それらしく聴こえれば
この曲あとは、あまり細かいところを気にする
必要が無い?ので案外初心者向けなのかも知れません。

いやかえって、たどたどしい方が
オジサンにとっては親近感が湧くとか…

でもオジサンにあまり親近感をもたれても
なにも良いことはありませんけどね。^m^




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

スポンサーサイト
【2010/09/30 11:12】 | 国内ポップス |
大事MANブラザーズ「それが大事」
「邦ちゃんのやまだかつてないテレビ」の
テーマソングで1991年にヒットした
「それが大事」です。20年近くも前の歌…

大事MANブラザーズバンドもこの曲がよほど
大事だったのか、この一曲だけで消えて
しまいました。^m^

この歌は、なんか中学の体育館!って
感じですよね。
別に深い意味はありませんけど…(^_^;)

ところで前々から何度も書いてますが、
オカリナにはこのような同じ音が早く
繰り返される曲ってあまり向いてないのです。

でも指のトレーニングには良いようなので、
しつこく吹いてますが…(*^^)v

さて、素早く指を動かすのは身体にとっては
ある種の抵抗があります。

ところがスラ~っと吹けてしまう曲って
抵抗がないから、あまり記憶に残らない。

吹いてみて抵抗のある曲だけが記憶に残る。
あるいは特別な思い入れのあるような曲だけ…

思い入れも心理的な拘りと解釈すれば一種の
抵抗ですよね。(・・?

すると「抵抗」だけが記憶を確かなものにする。
って、ことになります。

さらにこれを拡大解釈すれば、
抵抗こそ人間が世界を記憶するフィルターに
なってるのかもねぇ…とか。

オカリナの演奏には、こんなことって「大事」でも
なんでも無いんですけどぉ…(*^_^*)




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/09/29 11:16】 | 国内ポップス |
ル・クプル「ひだまりの詩」
ル・クプル(Le Couple)「ひだまりの詩」は1997年に
テレビドラマ「ひとつ屋根の下」の挿入歌になり、
大ヒットしました。

ほぼ10年少し前の曲ですが、どうなんでしょう、

A.ついこの前とお感じになるでしょうか?
B.それとも随分以前の歌とお感じになるで
しょうか?

一般的には、
人の成長度は若い時ほど大きい。
時間も長く感じられます。
つまり、
色々と変化の多い時期って、後から考えると
その期間が長く思われるようです。
(その最中は無我夢中で短く感じるけれど…(・・?)

もし仮にA.の、ついこの前と感じられても、
それはそれで…^m^

さてこの曲はメロディが伸びる部分が多いので
オカリナ向けです。

ただ、一番と二番が違い、特に二番の後半を
うまく流れるように吹けるかどうかで
かなりイメージが違ってきますが…




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/09/23 14:33】 | 国内ポップス |
福山雅治「桜坂」
2000年にヒットした福山雅治の「桜坂」です。
この曲はよ~くカラオケで聴きました。

歌い易いのでしょうね。メロディがゆったりで
音域が狭まいから。(低音のドから高音のミまで)

と、いうことはオカリナでも吹き易いってこと
なんで、吹いてみました。(*^_^*)

ただこの歌ちょっとやっかいなのは、直音ベースだと
味もそっけもなくなることです。

例えば出だし「君よずっと幸せに」の部分、

ラソファファーファドファファソラーー

なんですが、その最初のラを
「ラァ-ソって粘りつくように」吹かないと
イメージが湧かないわけです。^m^

とにかく「絡みつくように柔らかく」が基本。
それさえ出来ればこの曲はOKです。(*^^)v




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/09/20 13:22】 | 国内ポップス |
河島英五「酒と泪と男と女」
河島英五の「酒と泪と男と女」は1976年に発表され
当時清酒「黄桜」のCMソングだったそうです。

河島英五は2001年に48歳の若さで肝臓疾患で
亡くなりました。お酒の飲みすぎかも…

それにしてもこの歌詞にある「飲んで飲んで」と
いうタイプの男性は現在少なくなっています。

1970年代は「飲めない」男は男性として認められ
なかったほど、よく集まって飲んだそうです。

逆に今は女性の飲酒人口が増えて、「飲めない女は
仕事が出来ない」?とか言われているそうですが。^m^

ところでオカリナの音はピュア過ぎるから、河島英五が
ギターの弾き語りで歌う、捨て鉢というかちょっと
崩れた感じをオカリナで表現するのは難しいのですが
敢えてソプラノF菅の高音で吹いてみました。(*^^)v




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/09/16 11:25】 | 国内ポップス |
倍賞千恵子・童謡「赤とんぼ」
童謡はオカリナ得意のレパートリーです。
その音色の素朴な味わいとマッチするからでしょう。

宗次郎のオカリナCDに「日本の歌」集というのがあり、
この「赤とんぼ」が入ってました。

一応真似て、吹いたつもり…(^_^;)

さて、皆さんもよく間違えるようですが、自分も
この歌詞:

夕焼け小焼けの赤とんぼ
「おわれてみた」のはいつの日か

を「追われてみた」とつい最近まで
思ってました。つまり作者が赤とんぼの
身になって子供達に追われてみた
と解釈したのです。

赤とんぼって一瞬、止まって誘ってみるような
動きをし捕まえようとすると、ふいと逃げます。
そういった赤とんぼの情景を「追われてみた」と
表現したのかと…

実は「負われて見た」だそうです。
子守におぶさって見た赤とんぼを表現して
いるようです。

従ってこの歌も広い意味で子守歌なわけです。
厳密に言えば「子守られ」歌…^m^

だからどことなく五木の子守歌などにメロディが
似ており、哀愁を感じるのかも知れません。



YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/09/07 12:03】 | 抒情歌・唱歌・童謡 |
小林旭「熱き心に」
阿久 悠作詞で小林旭が歌い1986年にヒットした
「熱き心に」です。

この歌は団塊オジサン族がカラオケでよく歌います。
それと谷村新司の「昴」も。(*^^)v

団塊世代の好きな曲って似てますよねぇ。
メロディが極めてゆったり…^m^

自分のオカリナも「指が素早く動かないので」
どちらかというと熟年世代向けの曲のほうが
吹き易いようです…(^_^;)



YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/09/05 13:43】 | 演歌 |
槇原敬之「もう恋なんてしない」
槇原敬之の1992年のヒット曲「もう恋なんてしない」
を吹いてみました。

氷河期世代にとっては、忘れられない曲です。
「身体の左側が寂しい」なんて、恋人を失った男に
とって実にリアルな感覚ですよねぇ。

一方、女性の「右側が寂しい」と歌った曲は
ありませんけど…^m^

さて、オカリナで曲を吹く場合、それが
ヒットした頃から10年は欲しい。

今の新曲を吹くのも良いですが、
なんか新し過ぎて痛い。

ワインの新酒のような感じで良さそうに思うのですが、
口に直接響くようなところがあります。

オカリナってやはり、どこか懐かしくないと
心に届かないって部分があると思うんですよ。

ヒットしてから時が経ち人々の記憶の中で熟成された
曲はオカリナに優しい、まろやかさがあるわけです。

その記憶は自分のでなくても、良いのです。

15歳の人が17年前の生れる以前の曲でも…
人々の共有記憶の中で熟成されてさえいれば。

歌がヒットして3~5年はカラオケでよく聴きます
そして、それが人々に忘れ去られて記憶の中だけで
密かに眠り続ける時間がオカリナには必要なんです。

うまく表現できませんが、想い出が繭のように
紡ぎ出されたような曲がオカリナにはあう
ような気がしています。

この「もう恋なんてしない」がほぼ18年前の曲です。

さすがに今だに失恋中でそれをひきずっている人は
少ない。…と、思われます。(^_^;)

ちょうどオカリナで吹き頃の曲だと個人的には
思うんですが、いかがでしょうか(・・?




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/09/01 11:37】 | 国内ポップス |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。