プロフィール

オカリナベ

Author:オカリナベ
最近オカリナ始めたばかりの初心者です。(2007/02/26スタート)

オカリナって素人っぽい音色も魅力の一つです。
つまり初心者の演奏でも、それなりの味わいがあります。
…っと、思って、これまで練習した曲を公開しました。

基本的には原曲(楽譜)をベースにして吹いてはおりません。

こ~んな感じって良いなぁと、思いつくまま全く自分なりの
イメージで自由に吹いております。
予めご承知おき下さい。

オカリナを演奏される方々には「お手本」ではなく「反面教材」
として、ご利用頂ければ…

また休日に老人ホームでオカリナの演奏会をボランティアで
やらせて頂いていますので、曲目は懐かしのメロディが中心です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
倍賞千恵子「旅愁」
日本の唱歌「旅愁」の名前であまり有名に
なり過ぎて原曲がアメリカ産であることを
忘れられたような曲です。

西崎みどりがテレビ時代劇の必殺シリーズの
主題歌として歌った「旅愁」とは全く別の
曲です。(^_^;)

原曲の作曲者はジョン・P・オードウェイで
(1824年 - 1880年)原題はDreaming of Home
and Motherです。この歌をアメリカで歌っても
今では誰も知らないのではないでしょうか。^m^


更け行く秋の夜 旅の空の
わびしき思いに 一人悩む
こいしや故郷 懐かし父母
夢路にたどるは 郷の家路


オカリナにとっては、唱歌系の曲は最も得意と
する分野ですから、それにメロディも吹き易いし…。

初心者お奨めの一曲です。(*^^)v




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

スポンサーサイト
【2010/06/30 11:43】 | 抒情歌・唱歌・童謡 |
ニニ・ロッソ「愛は限りなく」
1966年のイタリア映画「愛は限りなく」Dio come ti amo
の主題歌です。この映画で主演しているジリオラ・
チンクエッティ(Gigliola Cinquetti)はこの歌で
同年のサン・レモ音楽祭で優勝しています。

ニニ・ロッソがこの曲をトランペットで吹いているのを
ラジオで聴き、そのイメージで演奏してみました。

この頃のカンツォーネはフレーズの最後を伸ばす曲が
多いのでオカリナで吹くのには適しています。(*^^)v

哀愁を帯びたメロディはどこか演歌にも似た雰囲気を
感じさせます。(*^_^*)




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/06/28 10:37】 | スクリーン・ミュージック |
カウボーイ・ソング「レッドリバー・バレー(赤い河の谷間)」
確か西部劇の「シェーン」だったと思うんですが、
牧場主に雇われた殺し屋に村の農夫が撃たれて亡くなり
丘の上に埋葬される場面がありました。

その時に村の若者が岩に腰掛けてハーモニカで
この「レッドバー・バレー」(赤い河の谷間)を
吹くんです。

夕闇が迫る荒野にこのメロディが静かに流れ
一層悲しみが胸を衝いた記憶があります。

映画では悪役が牧場側で善玉が農場側でしたが
本来、双方ともに生活がかかっている土地争いに
過ぎなかったように思います。

カウボーイの歌を農場側の死者を悼んで演奏すると
いうのも、変な話ですが当時の若者が広く知って
たってことでしょうね。

オカリナが当時の西部にあればハーモニカではなく、
オカリナの音色が谷間に響くところだったかも(*^^)v




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/06/26 11:27】 | 抒情歌・唱歌・童謡 |
氷川きよし「箱根八里の半次郎」
母が氷川きよしの大ファンですから…(*^_^*)
結構こういう「箱根八里の半次郎」のような演歌も
よく吹きます。

特に氷川きよしの曲は総じてノリが良いので、
練習していて元気になります。(*^^)v

演歌をオカリナで吹くコツのようなものを
考えてみました。

1.小節を素早く回す。
2.ビブラートを効かす。
3.時々息を抜いて、脱力感を表現する。
4.リズムのタイミングを遅らせる。

リズムのタイミングをギリギリまで遅らせる
って演歌では大事です。

例えば森進一のモノマネをコロッケが泣きそうな
顔でやってるところを想像してみて下さい。

眉毛のところに皺を寄せて、口を尖らせるところは
置いといて(…確かにそうやって吹けばムードは
出ますが…^m^)、
「おぉおんんん(とビブラートは続きますが
なかなか次がでない)うぅうぅうぅ(まだ出ません!)
なぁ、ごころ(と、ようやく出るわけです。)」

この出そうで出ないところが演歌の醍醐味です。
もう駄目!と思わせるまでひっぱって最後に
一気に出す。(*^^)v

やってみて下さい。すっかり演歌のムードに
ハマりますから…。\(^o^)/

但し、やり過ぎると「元に戻らない」って
弊害がありますので、
くれぐれもご注意のほど…(^。^)y-.。o○




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/06/20 16:46】 | 演歌 |
オードリー・ヘップバーン「昼下りの情事」
1957年にゲーリー・クーパーとオードリー・
ヘップバーンの協演で作られた映画・昼下りの情事
の主題歌「魅惑のワルツ」Fascinationです。

映画は古いですが以前テレビで化粧品のCMにも使われて
ましたから、ご記憶の方も多いのではないでしょうか。

フレーズの出だしのメロディを泡が水のなかから
ブクブクと浮かんでくるようなイメージで
吹いてみました。その後泡が空気に触れて
ポッカ~ンと割れるように…

情事っぽいでしょ?(*^_^*)




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/06/12 11:36】 | スクリーン・ミュージック |
美空ひばり「リンゴ追分」
こんな演奏ですが、毎週土曜日オカリナ演奏会を
開催しています。聴衆は一人、母です。
会場は実家のリビング。

私のオカリナを聴くのを毎週楽しみに
してくれています。(と、勝手に思ってます…)

ちなみに自宅のリビングで私がオカリナを
練習していると、サササーっと「ゴキブリ」の
ように「うちの家族」は居なくなります。(^_^;)

夕方だとお隣の家の雨戸が大きな音で閉まります。
時々、お隣の犬までオカリナに
合わせて?鳴き出します。すると赤ちゃんまで
泣き出します。

オカリナの妙なる旋律?と犬の遠吠えと
赤ちゃんの泣き声で、ご近所一帯、騒然と
なりますが、めげずに頑張っております。(*^^)v

でも、でも、母だけは、逃げずに
って、歳だから我慢強いのかも…^m^
黙って聴いてくれます。

だから吹く曲はどうしてもクラシックや昔の
ポピュラーなどが中心になります。

美空ひばりが母は好きなようなので、よく演奏します。
1952年に発表されたこの「リンゴ追分」も
民謡調でゆったりしているので特にお気に入り。

最近、母は「ボランティアで老人ホームなんかで
他の人にも聴かせてあげたらどう?」と
さかんに聞きます。

上手だから、他の人にも是非聴かせてあげたらって
意味だと自分では「強引に」そう解釈しております。

それとも、はっきりと他人から「もう演奏に来なくて
結構です。」と言われれば、さすがに諦めて、
土曜日を静かに過ごせるようになると考えての発言か、
敢えて、確かめないようにしています。
(^。^)y-.。o○




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/06/10 10:39】 | 演歌 |
つのだ☆ひろ「メリー・ジェーン」
「つのだ☆ひろ」の「メリー・ジェーン」は1971年に
発表されましたが、爆発的にヒットしたことはなく、
その後じわじわと売れた曲だそうです。

純正の日本の曲にも関わらず歌詞が全て
英語だったことが、当時としては極めて
斬新であったと記憶しておられる方も
多いようです。

前奏を含め少しゆっくり目に吹いてみました。

失恋したらしい?様子で「Mary Jane on my mind」と
叫ぶところが、なんとも…切ない。(^_^;)





YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/06/07 16:15】 | 国内ポップス |
クロード・チアリ「夜霧のしのび逢い」
1965年ギリシャ映画「夜霧のしのび逢い」La Playa,
The Red Lanternsのテーマ曲です。
当時クロード・チアリClaude Ciariのギターで
大ヒットしたそうです。

今では映画の内容を覚えておられる方は、
ほとんどおられないのではないでしょうか?
そもそも誰が主演したか自分も知りません。

この夜霧がむせび泣くようなメロディは、
オカリナにも合います。

スローライフが世の中では提唱されていますが、
音楽もゆったりしたものに、再び戻るような気が
しております。

但し、「しのび逢う」には昔も今も相手が必要
であることに、変わりありませんが…(^_^;)




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/06/05 12:56】 | スクリーン・ミュージック |
ビング・クロスビー「夢路より(夢見る人)・フォスター」
アメリカの作曲家フォスター(Stephen Collins
Foster)は37歳の若さで1864年に亡くなっており、
「夢路より(夢見る人)」Beautiful Dreamerは、その死の
数日前に完成した遺作だと言われています。


Beautiful dreamer, wake unto me,
Starlight and dewdrops are waiting for thee;
Sounds of the rude world, heard in the day,
Lull'd by the moonlight have all pass'd away!
Beautiful dreamer, queen of my song,
List while I woo thee with soft melody;
Gone are the cares of life's busy throng,
Beautiful dreamer, awake unto me!
Beautiful dreamer, awake unto me!

Beautiful dreamer, out on the sea
Mermaids are chanting the wild lorelie;
Over the streamlet vapors are borne,
Waiting to fade at the bright coming morn.
Beautiful dreamer, beam on my heart,
E'en as the morn on the streamlet and sea;
Then will all clouds of sorrow depart,
Beautiful dreamer, awake unto me!
Beautiful dreamer, awake unto me!

Starlight and dewdrops are waiting for thee
theeは英語の古語です。「汝」と訳されており
King James VersionのBibleとか、シェークスピア
の文学などによく出てくるので、ご存知の方も
多いと思います。

妻子と別れ、酒に身を持ち崩したフォスターが
ニューヨークの安宿で亡くなる直前に書いたとは、
とても思えない歌詞とメロディですよね。

でも、そのような彼の状況からすれば、悲痛な
心の叫びであったのかも知れませんが…↓
Beautiful dreamer, awake unto me!

オカリナにフォスターの曲は合います。
でもメジャーな場で演奏されることが少ない。
(素朴で短い…)

今回は音に透明感を持たせるため、「強めに
吹いて」みました。どんな吹奏楽器でも
強めに吹けば、濁りが吹き飛んで?音が
澄んできます。

眠っている人の目覚ましにも…(*^^)v

awake unto me!



YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/06/03 14:35】 | 抒情歌・唱歌・童謡 |
坂本冬美「また君に恋してる」
「また君に恋してる」は2007年にビリーバンバンが
作った歌ですが、ご承知の通り焼酎の「いいちこ」の
CMソングとして坂本冬美が歌い、昨年の紅白でも
この曲を歌ったので一気に人気が出ました。

本来はフォークソングなんでしょうが、演歌風味が
合うようです。(*^^)v

自分も極めて演歌っぽく吹いたつもりです。

特に「また君にぃ~」と垂直に上がるような
ところとか…^m^




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/06/01 13:55】 | 国内ポップス |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。