プロフィール

オカリナベ

Author:オカリナベ
最近オカリナ始めたばかりの初心者です。(2007/02/26スタート)

オカリナって素人っぽい音色も魅力の一つです。
つまり初心者の演奏でも、それなりの味わいがあります。
…っと、思って、これまで練習した曲を公開しました。

基本的には原曲(楽譜)をベースにして吹いてはおりません。

こ~んな感じって良いなぁと、思いつくまま全く自分なりの
イメージで自由に吹いております。
予めご承知おき下さい。

オカリナを演奏される方々には「お手本」ではなく「反面教材」
として、ご利用頂ければ…

また休日に老人ホームでオカリナの演奏会をボランティアで
やらせて頂いていますので、曲目は懐かしのメロディが中心です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
バッハ「G線上のアリア」
バッハの「G線上のアリア」はもう何回目か忘れるほど
アップしています。少しずつましになってきてると
信じながら…(*^_^*)

本来のFull Versionは同じ旋律を2回づつ繰り返す
のですが、間がもたない?のでそれぞれ1回づつに
短くしてあります。

今のところ荒城の月、ローレライ、アメージング
グレイスとかの簡単な曲以外で、空で吹けるのは
この曲だけです。(*^^)v




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

スポンサーサイト
【2010/04/24 14:58】 | クラシック |
サーカス「Mr.サマータイム」
1978年にサーカスが歌った「Mr.サマータイム」です。
これは当時カネボウ化粧品の夏のキャンペーン
ソングにもなり、かなりヒットしたそうです。
30年も前の話ですから、このCMを聴いた記憶がある
なんて方は…(^_^;)

この歌は本来フランスのMichel Fugainが作曲した
Une Belle Histoire(或る美しい物語)を日本語に
訳詞したものです。だからどことなくシャンソン
っぽいでしょ?

この曲をオカリナで演奏する際に転調して試しに
低音と高音の両方で吹いてみました。(*^^)v

さらに部分的にアレンジしてありますので
サーカスの歌とはかなり違うかも…(*^_^*)

ポイントは高音部のドレミードファーーと
伸ばすところです。

不思議なもので高音が苦手と、避けて吹いて
いると、かすれたような音しか出なくなります。
楽器が響かなくなるんですね。

恐れずにどんどん吹いているうちに徐々に音が
こなれて来ます。高音を柔らかく吹けるように
なるのが理想ですが、それはまだまだ程遠い…^m^

しかし一応、オカリナの音らしくはなって
きました、かねぇ(・・?




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/04/23 12:12】 | 国内ポップス |
倍賞千恵子「出船」
「出船」は1928年に藤原義江(男性)という
テノール歌手がレコーディングしたものです。

当時の昭和大恐慌のやるせないムードに合ったのか
大ヒットしました。

現在は作詞者(勝田香月)の生まれ故郷である沼津市に
この歌碑が立っていますが、歌の着想自体は秋田県の
能代港や北海道の小樽港を訪れた際に得たものだ
そうです。

確かに沼津より能代や小樽の方が雰囲気に
ピッタリですね。(*^^)v

さてこんな曲を吹いていると、やはり笛は一人で
しみじみ吹くもの。「孤影に笛」という雰囲気が
伝わってきます。

伴奏もなく、一人で演奏する.

確かに和声学上の音は貧弱ですが、その細々と
消え入るように聴こえてくる別れの笛。

それがやはりオカリナの原点のような気が
しています。(*^^)v




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/04/22 14:10】 | 抒情歌・唱歌・童謡 |
ピーター・ポール&マリー「悲惨な戦争」
「悲惨な戦争」Cruel War はピーター・ポール&マリー
Peter Paul & Maryが1962年に歌った、当時のヴェトナム
戦争に反対するフォークソングです。

この歌でもジョニーが出てくるのですが、確か1971年に
「ジョニーは戦場へ行った」というアメリカ映画が
作られました。

ジョニーってアメリカでは兵隊に多い名前なのか、
それとも気の優しい男の子にも関わらず戦争に
連れて行かれた人がそういう名前だったのか…(・・?

さて歌詞では、ジョニーを愛する女性が彼と離れたく
ないので何度も一緒に行くと頼み込み、最後には
一緒に戦場まで付いて行くんです。

最近の映画、例えばタイタニックなんかでは必ず
男性が亡くなり残された女性が嘆き悲しむって
結末なんですが、この歌では弾丸に撃たれて
亡くなるのはなんと女性の方!

ジョニーがそのそばに跪いて嘆くわけです…




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/04/17 14:46】 | 海外ポップス |
となりのトトロ「さんぽ」
スタジオジブリ制作の「となりのトトロ」My Neighbor
Totoroは1988年に公開されました。

そのオープニングテーマである「さんぽ」Strollは
オカリナを始めたばかりの人がよく吹く曲です。

でも最初に吹いたときは結構上手に吹けるのですが、
それからさらに進歩するのはなかなか難しい曲です。^m^






YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/04/11 15:26】 | スクリーン・ミュージック |
フランク・チャックスフィールド「ひき潮」
ロバート・マクスウェル作曲の「引き潮」は1954年に
浜辺の渚の音とかもめの鳴き声を入れた、独自の
アレンジでフランク・チャックスフィールド楽団が
演奏したものが有名です。

この曲を吹いていると終わらないんですよねぇ。^m^

引き潮のようにどこまでも続く…

中間部の
ララーーラシ♭ラシーー
と続くところが特に好きでつい何度も吹いてしまいます。
(*^^)v



YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/04/09 11:59】 | 海外ポップス |
ジェットストリーム「ミスターロンリー」
「ミスター・ロンリー」はアメリカで1964年に
ボビー・ヴィントン(Bobby Vinton)が歌い
大ヒットしたものです。

日本ではTOKYO FMラジオ番組JET STREAMの
テーマ曲として、フランク・プールセル楽団が演奏し
一躍有名になりました。

この曲には一部高音のソが入っているのでオカリナの
音域からは外れています。従ってほとんどオカリナで
演奏されることはないのではないでしょうか。

自分はイメージ主体なので敢えてそのソをすっ飛ばして
吹いてみました。^m^




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/04/06 14:17】 | 海外ポップス |
フランク・シナトラ「夜のストレンジャー」
1966年のアメリカ映画「ダイヤモンド作戦」の主題歌
「夜のストレンジャー」"Strangers in the Night"です。

この曲はフランク・シナトラFrank Sinatraが歌って
グラミー賞の音楽部門を総なめにしたそうです。

メロディが単調になり易いので、適当にアレンジして
吹いてみました。(*^^)v




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/04/03 16:21】 | スクリーン・ミュージック |
天空の城ラピュタ「君をのせて」
1986年に公開されたスタジオ・ジブリのアニメ映画
「天空の城ラピュタ」の主題歌「君をのせて」を
吹いてみました。

空から少女がフワフワと漂うように落ちてくる場面は
印象的でした。(*^_^*)

井上あずみさんの澄んだ声がぴったりの曲です。

オカリナではソプラノF管の音色が合うような
気がしています。(*^^)v




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/04/01 15:09】 | スクリーン・ミュージック |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。