プロフィール

オカリナベ

Author:オカリナベ
最近オカリナ始めたばかりの初心者です。(2007/02/26スタート)

オカリナって素人っぽい音色も魅力の一つです。
つまり初心者の演奏でも、それなりの味わいがあります。
…っと、思って、これまで練習した曲を公開しました。

基本的には原曲(楽譜)をベースにして吹いてはおりません。

こ~んな感じって良いなぁと、思いつくまま全く自分なりの
イメージで自由に吹いております。
予めご承知おき下さい。

オカリナを演奏される方々には「お手本」ではなく「反面教材」
として、ご利用頂ければ…

また休日に老人ホームでオカリナの演奏会をボランティアで
やらせて頂いていますので、曲目は懐かしのメロディが中心です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
森繁久弥「美しき天然」
明治時代1902年に作曲された唱歌「美しき天然」
(うるわしきてんねん)は佐世保市近辺九十九島の
美しい景色を歌ったものだそうです。

メロディとしてはワルツのテンポなので、昔は
サーカスのオープニングに演奏されたりも
したようです。

オカリナでは森繁久濔さんの朗々とした歌い方を
イメージして吹いてみました。(*^^)v




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

スポンサーサイト
【2010/03/30 10:58】 | 抒情歌・唱歌・童謡 |
アニマルズ「朝日のあたる家」
アメリカ民謡「朝日のあたる家」は、1964年に
アニマルズThe Animalsが歌ってヒットした
とのことです。(アニマルズ(動物)って、
ビートルズ(昆虫)よりは上だ!という
意味ですかねぇ?^m^)

朝日のあたる家という題名から日本では
東南角地の一戸建てを連想しますが、どうも彼らが
歌う歌詞からすると「刑務所」のような…

「ちあきなおみ」もこの曲をカバーしてますが
彼女は「娼家」のように歌ってます。

この家は刑務所にしろ娼家にしろあまり
良いイメージではないようです。(^_^;)

そこで自分も細々と哀しげにオカリナを吹いて
みました。

細々と哀しげってマイナス・イメージですが
陽気なアメリカ人でもそう嫌じゃないようですね。

やはりどこか、ムードに浸れるというか、
慰められるというか…

張り詰めたビートだけでは生きられないのは
どこも同じということなんでしょうねぇ。




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/03/27 15:32】 | 抒情歌・唱歌・童謡 |
倍賞千恵子「月の砂漠」
「月の砂漠」は1923年に作曲された童謡です。

作曲家が砂漠のモチーフとしたのは結核療養中に訪れた
千葉県の御宿海岸の砂浜と言う説が有名で、今では
ラクダの銅像まで建っています。
しかし一方生まれた土地、静岡県藤枝市付近の
浜辺だとの説もあるそうです。

さてこの曲を吹くにあたって、最初にオカリナの
低音最下限で次に高音最上限で演奏してみました。
(最初が御宿で、次は藤枝をモチーフに…^m^)

なんとなく最初の方の低音部分に滑らかさが
欠けます。(^_^;)

これはソプラノF管で吹いてますが、以前の
アルトC管で吹いたら多分逆に後の高音部分が
ぎこちなくなります。

それはアルトC管の低音部分が滑らかに吹ける
のではなくて、高音部分がよりぎこちないからです。

つまりぎこちないもの同士ががぶつかると
よりぎこちないものが目立つ…(*^_^*)

ソプラノF管だと最高音のファなんかが嘘のように
簡単に吹けます。あれ程アルトC管で苦労した
音の裏返り・かすれなど、またオカリナを胸に
引きつけて角度を工夫するとか、一切ありません。

ただ、全部の穴を空けて真っ直ぐ吹くだけ。

ところが、その高音部分が解消したら低音部分の
ぎこちなさが目立つんですよねぇ…

それを解消したら…

今度はリズムが狂っていることが明るみに
出るとかぁ…(^。^)y-.。o○

技術的な問題は次々と現れて切りがありません。

もっと上手な人はその人なりの技術的な課題を
抱えているのでしょう。
また逆にそれが無ければ、進歩しませんから…

しかし、ふっと思うんですがアルトCで苦労した
高音のファを吹く技術って、どうなるので
しょうかねぇ(・・?

まぁ高音のファが出にくいオカリナを吹く時に
また役に立つかもね…(*^^)v

ところで、オカリナは低音ラを出すための
小穴の位置ってメーカーによってそれぞれ
バラバラなんです。↓

アケタ ー>右人差し指の付け根
ティアーモ ->右人差し指の先
ナイト ー>左中指の先
カンターレ ー>左薬指の先

それぞれの指使いに慣れたユーザーは
他のメーカーのオカリナに変わるとその
技術が通用しません。

従って技術って後で役に立たなくなる可能性を
常に秘めているんですよね。

勿論これはオカリナに限った話ではなく
人力車の運転技術!が今役に立たないとか
WindowsとMacの使い勝手が違うことなどと
本質的には同じ現象ですが…




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/03/25 12:12】 | 抒情歌・唱歌・童謡 |
ヤクルト応援歌「東京音頭」
この唄はもともとは1932年に「丸の内音頭」として
作られたものを、翌年「東京音頭」に改名し
売り出したところ大ヒットしたそうです。

幕末に「ええじゃないか節」が庶民に大流行し
その後明治維新が成立しましたが、この曲は
日中戦争から太平洋戦争に突入する前触れに
なったと言われています。

今では神宮球場でビニールの傘が揺れるなか、
ヤクルトの応援歌としていつもこのメロディが
流れています。(*^^)v

演奏するときは「ラミララ、シラシシ、ミドド、
シラシシ」というお囃子の部分を忘れずに
入れて下さい。これがないと東京音頭って
気の抜けたビールのようなものですから…(^_^;)

それとハァーという出だしの「ラシード」は、あまり
長すぎると「佐渡おけさ」になりますから…^m^
要注意です。



YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/03/23 14:12】 | 日本民謡 |
ヴィレッジ・ストンパーズ「ワシントン広場の夜は更けて」
フォーク・ディキシーと呼ばれたヴィレッジ・
ストンパーズの1963年にヒットした「ワシントン
広場の夜は更けて」です。

原曲はバンジョーの音がしたりして、結構賑やかな
雰囲気ですが、オカリナでは少し寂れた広場って
感じになります。夜が更けたんだから、あまり
騒がしいとホワイトハウスに近いこともあり
抗議行動と間違われるかも…^m^

こんな曲は良いですよね。あまり技量差が目立ち
ません。初心者でも一応曲らしくなります。(*^_^*)



YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/03/19 12:05】 | 海外ポップス |
サイモンとガーファンクル「スカボロ・フェア」
スカボロ・フェアはてっきり1968年にサイモン&
ガーファンクルが歌いだしたものとばかり
思ってました。(*^_^*)

中世イギリスのノース・ヨークシャー州
スカボローでの市場の様子を歌ったもの
なんですねぇ。イギリス民謡だそうです。

おまけに原曲は男女のデュエットのようで、
本来はカーペンターズが歌った方が良かったか?^m^

スカボロフェアはオカリナで演奏される頻度が
高い曲の一つです。メロディがゆったりして
しかもすこし鄙びた雰囲気がオカリナに合うのでは
ないでしょうか。(*^^)v




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/03/17 14:31】 | 海外ポップス |
エルヴィス・プレスリー「やさしく愛して」
邦題の「やさしく愛して」より「Love me tender」
の方が有名です。というか邦題があまりに直訳
過ぎて情緒がない…(^_^;)

1956年の映画です。確かエルヴィスは戦いの中で
亡くなる設定だったとか…

このメロディの原曲は南北戦争の南軍兵士が
故郷の愛する人を思って歌った「オーラ・リー」という
曲だそうです。

今から百年ほど経てば、誰かがこの曲に別の歌詞を
つけて歌い、昔プレスリーというアメリカの歌手が
「Love me tender」という題名でヒットさせたのが
原曲で~す!なんてね。\(^o^)/




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/03/15 18:30】 | スクリーン・ミュージック |
マリリン・モンロー「帰らざる河」
「帰らざる河」は1954年にカナディアン・ロッキーを
バックに撮影された西部劇です。

マリリン・モンローMarilyn Monroeが酒場でギターを
バックに、この曲をハスキーな声で歌ったシーンが
印象的だったと母が言ってます。

当時モンローの人気絶頂期にもかかわらず、この歌には
哀愁がある。

それが今も切々と流れている感じが、オカリナに合う。

演歌も吹けばモンローも吹きます。
変わりはないですよね、歌の心って。(*^^)v




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/03/12 14:37】 | スクリーン・ミュージック |
サウンドオブミュージック「エーデルワイス」
1965年アメリカのミュージカル映画「サウンド・オブ・
ミュージック」のなかでトラップ大佐一家が音楽会で
歌った「エーデルワイス」です。

観衆がドイツに占領された祖国オーストリアを
想い一緒に合唱する場面は感動的でした。

ナチスから逃れるため、スイスに亡命する
ところですから、一家にとっては祖国に対する
お別れの歌でもあったわけです。

ジュリーアンドリュースが清楚な尼僧から
トラップ大佐の妻にそして子供達の母に
変身してゆく姿も良かった。

なによりも家族の信頼と絆ですよね。(*^^)v

アルプスを背景に歌われたこの映画の曲は
全てヒットしました。主題歌からドレミの歌
など。しかし自分はこのエーデルワイスが
一番好きです。

オカリナに込めたその想いがみなさんに
届くと良いなぁ。(*^_^*)




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/03/10 15:32】 | スクリーン・ミュージック |
ロバータ・フラック「やさしく歌って」
1973年にヒットしたロバータ・フラックRoberta Flackの
「やさしく歌って」はネスカフェのCMになったことで
日本でも有名な曲になりました。

YouTubeに本人の歌ってるものがあったので
それを聴きながら、こうかな、ああかな?と想像しつつ
吹いてますから原曲とはかなり違ってるかも…^m^

特に肝心のKillng Me Softly With His Song
の部分は、もう一つ自信がありません。orz

しかし曲自体はオカリナで吹きやすいので
もっと演奏されても良いように個人的には
思います。(公開のオカリナの演奏会には
行ったことがないので、実際には演奏されて
いるのかも知れませんが…(^_^;)





YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/03/08 14:49】 | 海外ポップス |
ハウルの動く城「世界の約束」
「ハウルの動く城」は2004年に公開された
宮崎アニメです。その中で倍賞千恵子さんが歌った
「世界の約束」を吹いてみました。

シンプルなメロディなのでオカリナ向きです。
まぁスタジオ・ジブリの曲はほとんどそうですが。(*^^)v

実はこのアニメは見たことがなかったですし、歌も
最近まで聞いたことはありませんでした。

YouTubeでたまたま見つけてあっ吹けそうだ!って
思ったんです。

これまで耳慣れた曲とつい最近覚えた曲とは吹いていて
なんか感じが違いますよね。

これであってるのかなぁ?と思って吹いている様子が
出ていて、これはこれで味があるかも…(^_^;)




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/03/06 11:04】 | スクリーン・ミュージック |
オリビア・ハッセー「ロミオとジュリエット」
「ロミオとジュリエット」はご存知の通り
ウィリアム・シェークスピアの原作です。

最近デカプリオが主演で映画化されてますが、
この曲は1968年当時15歳だったオリビア・ハッセーが
出演した映画のテーマです。

ロミオ男優が誰だったかあまり知られてません。

それほどこの映画におけるオリビアの魅力と存在感は
群を抜いていたのでしょうね。

以降彼女がどんな映画に出たのかもあまり
知られて無いほどですから…(^_^;)

ところでこのテーマ曲の出だし部分は有名なので、
オカリナでも吹き易いんです。

でも間奏の部分はメロディは単調なんですが、前後の
パートから浮いてしまい易い。

うまく全体の流れに納まるかどうかが、この曲を
吹く際のポイントだと思います。(*^^)v



YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/03/04 15:28】 | スクリーン・ミュージック |
雪山讃歌「いとしのクレメンタイン」
「いとしのクレメンタイン」の原曲である
「Oh My Darling Clementine」はアメリカ
開拓時代ゴールドラッシュの歌です。

但し日本では「雪山讃歌」として有名ですよね。

全然歌詞の内容は違います。
多分メロディだけ借用したのでしょう。

でもゴールドラッシュも雪山も「山」に
関係があることは間違いないようで…^m^



YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/03/02 14:36】 | 抒情歌・唱歌・童謡 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。