プロフィール

オカリナベ

Author:オカリナベ
最近オカリナ始めたばかりの初心者です。(2007/02/26スタート)

オカリナって素人っぽい音色も魅力の一つです。
つまり初心者の演奏でも、それなりの味わいがあります。
…っと、思って、これまで練習した曲を公開しました。

基本的には原曲(楽譜)をベースにして吹いてはおりません。

こ~んな感じって良いなぁと、思いつくまま全く自分なりの
イメージで自由に吹いております。
予めご承知おき下さい。

オカリナを演奏される方々には「お手本」ではなく「反面教材」
として、ご利用頂ければ…

また休日に老人ホームでオカリナの演奏会をボランティアで
やらせて頂いていますので、曲目は懐かしのメロディが中心です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
いきものがかり「YELL(前奏入り)」
「いきものがかり」の歌は最近の歌の中では比較的
オカリナで吹き易い部類に入ります。

歌詞の語尾を延ばす傾向があるせいでしょうか。

それとも90年代のメロディに似ている部分が
あるせいかも?

あるいは女性ヴォーカルの吉岡聖恵さんの声自体が
オカリナのソプラノF管の音色に近いとかぁ(*^_^*)

いずれにしてもこの「YELL」は2009年に発表され
全国中学校合唱コンクールの課題曲になりました。
混声合唱でも美しい響きでした。

これから卒業式のシーズンですから歌われることが
増えるのじゃないでしょうか(*^^)v。

実は高校野球も大好きだから、ひょっとすると
春の選抜高校野球の入場行進曲に選ばれるんじゃないか
と期待してましたが、残念ながら別の歌に決まった
ようですが…(^_^;)




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

スポンサーサイト
【2010/02/28 12:28】 | 国内ポップス |
カーペンターズ「シング」
カーペンターズの「シング」はオカリナ向けです。
メロディが吹き易いし、雰囲気がオカリナっぽい。

この曲を吹くと、カレンの在りし日の姿が…(/_;)

優しい人って長生きしないんじゃないでしょうか?
特に芸能界では…

1974年に来日して子供の合唱団と一緒に日本語で
この曲を歌っている彼女の姿がYouTubeにありました。

女の子の頭を優しく撫でているカレン。
曲の想い出を撫でるように吹いてみました。




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/02/26 14:56】 | 海外ポップス |
沖縄民謡「安里屋ユンタ」
「安里屋ユンタ」の題名は「あさどやゆんた」と
読むようです。いかにも沖縄らしいメロディです。
YouTubeでこの歌を聴き、吹いてみました。

素朴なのんびりムードって、オカリナに合います。
白い波が南国の海岸をゆったりと洗うようなリズムで
演奏すれば、バッチリ。(*^^)v

この有名な繰り返しの歌詞↓

「マタ ハーリヌ
チンダラ カヌシャマヨ」

意味は分かりませんが、好きです。(*^_^*)




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/02/24 16:16】 | 日本民謡 |
バッハ「ポロネーズ」
バッハの管弦楽組曲第2番ロ短調より ポロネーズを
吹いてみました。

この曲はフルートの初心者が演奏することが多い
ので、簡単かと思われるでしょう(・・?

でも自分の吹いた部分だけは簡単なんですが
後の部分はとても速すぎて指がついて行きません。

クラシックの初歩的な曲は、オカリナの基本を
練習する上で大事です。
皆さんも敬遠せずに吹いてみましょう。
(っと、基本が出来てない初心者が言う…^m^)

クラシックなんか特に、「楽譜はどうしてるの?」
って聞かれることがあります。

市立図書館でフルートとか、オーボエとかの入門書を
借りて(オカリナの入門書にはあまりクラシックは
入ってないので…)くることもありますが、ほとんど
難しくて楽譜も読めません。

従って自分のイメージをメモしています。
この「メモ」が曲者でして?

ラードシーラ、サーラシラー

とか書いたものです。
「サ」は自分が考案したソ♯です。

「ハ」はファ♯とか、「ダ」はド♯、
「チ」はシ♭、「メ」はミ♭とかね…^m^

で、そのメモを見ながらメロディを歌う:

レハラドラハソー
レメレダレ
チラチラー
とかぁ。(*^_^*)

知らない人が聞いてれば、結構危ない
感じですよねぇ…
いや、分かっていても、少し引きます、普通。(^_^;)

だから「メモ」通りには本来吹けません。
吹いたら全然別の曲に…
(それはそれでまた、面白いでしょうが…(*^^)v

要は自分のメモリー(はなはだ頼りない…)次第。

例えばこのポロネーズで上の、
サーラシラーの前に短いラが付いてます。
こんなのをいちいちメモしてられないので
全部メモリー依存で…

また吹くたびにメモリーが変わるので…
ラが付いたり、付かなかったり、
あるいは気分によってサラが付いたり
します。

トリルなんかまったくその日の指の調子?次第で、
悪いときは全く付かなかったり、調子に乗って
関係のないところまでトリルを入れて、ピヨピヨ
ピヨピヨ、トリルだらけ…

無茶、苦茶、いい加減!\(^o^)/

バッハさんには申し訳ないけど…m(__)m




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/02/22 15:58】 | クラシック |
倍賞千恵子「蛍の光」
「蛍の光」の原曲(Auld Lang Syne)はスコットランドの
民謡だそうですが、かって日本では卒業式における
斉唱用の歌として定着していました。


蛍の光、窓の雪、
書(ふみ)読む月日、重ねつゝ、
何時しか年も、すぎの戸を、
開けてぞ今朝は、別れ行く。


今ではほとんど歌われることはないようですが、
別れの曲としてそのメロディは胸にしみます。




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/02/20 15:59】 | 抒情歌・唱歌・童謡 |
フランク・シナトラ「マイ・ウェイ」
そもそも「My Way」は男女の愛と別れを描いた1944年の
フランスのシャンソンが原曲だそうです。

この曲に、ポール・アンカが1969年に現在の歌詞を付け、
フランク・シナトラFrank Sinatraが歌って世界的に
大ヒットしたものです。

1975年にはオリンピックのマラソン金メダリストの
半生を描いた映画「マイ・ウェイ」まで製作されて
全編にこのメロディが流れました。

さて、私のオカリナ演奏をお聴きになって
お気付きでしょうが、曲の途中で転調しております。

この曲は本来低音のラから高音のファ♯までの
音域があり、オカリナでは吹けません。
(厳密に言えば現在の自分の技量では…)

従って普通この曲をオカリナで吹くときは
低音のラからスタートして、高音部のファ♯を
ミに変更するのが一般的です。
そう演奏しても、あまりそれに気付く人は少ない。

でも今回は敢えて低音のドからスタートして後半を
大きく下げて演奏しています。

ドラー、ドラソラーと始まった方が最初のフレーズ
が美しいからです。

また後半も最後に高音のシドレレードーで終わると
綺麗に響きます。

問題は全後半の連結の部分だけですが…(^_^;)

通常曲の途中で転調する場合、キーが上がることが
多い。下がるような転調はあまり聴いたことが
ありません。

しかし初心者ですから失うものは何もない。
(って…有るほうが変か?^m^)

そこで敢えてチャレンジしてみました(*^^)v

が、やっぱり変ですかねぇ(・・?




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/02/19 13:54】 | スクリーン・ミュージック |
ユーミン「あの日にかえりたい」
1975年にリリースされた、当時まだ荒井由美と
名乗ってたユーミン(松任谷由実)の曲で、
TVドラマの主題歌だったらしいです(・・?

それにしてもユーミンって息の長い人気が
ありますよね。(*^^)v

この歌詞は永遠に忘れられない…
「あなた」が居た人だけ?だけど…^m^




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/02/17 14:56】 | 国内ポップス |
モーツァルト「フルート四重奏曲4番」
モーツァルトのフルート四重奏曲4番イ長調第1楽章
から最初と最後の部分を中抜きで合体させました。

全然不自然じゃないですよね。(*^_^*)

この曲、ラジオで聴いていて「おっ、これはオカリナ
で吹ける!」と直感し、吹いてみたら自分が吹ける
のは最初と最後だけ…(^_^;)

このメロディはバロックっぽいというか
繰り返しの多い正格な感じがします。
(中間のフリーな演奏部分を抜いているので
当たり前ですが…^m^)

しかし、この曲(のこの部分だけ…)はもっと
オカリナ初心者の方が吹いても良いのでは
ないでしょうか?

低音のドから高音のファまでの音域で
運指の難易度も低いし、なにより

ドーファーファソ、シ♭ラ、ソファ

で始まっただけで、「あっ、クラシックだぁ」
って分かりますよね。(*^^)v




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/02/13 16:54】 | クラシック |
ディキシーランド・ジャズ「漕げよマイケル」
「漕げよマイケル」Michael Row The Boat Ashoreは
本来アメリカの黒人霊歌だそうです。
ハレルーヤHallelujahって繰り返し歌ってるから、
やはりそうかも…(・・?

カントリーウェスタンでもよく歌われますが
ディキシーランド・ジャズ(Dixieland Jazz)風に
少しアレンジして吹いてみました。(*^^)v

オカリナはピアノやギターと違い一人では
伴奏できない楽器です。

それを敢えてやってみましたぁ。(*^_^*)

ちょっとハーモニカの感じに似てますかねぇ。

実は一時、唇に前歯を押し当ててその隙間から
伴奏用にフシューと音を出すトレーニングを
だいぶんやりました。(おかしなことに
必死になるワタクシ…)

この曲も一度はアルトCでテナーサックス風に
そのように吹けないかトライしたのですが、
どうも汽車のSLの音みたいになって…
シュッポ、シュッポ、^m^

うまく吹けません。(^_^;)

もしこのようなスタイルで音を出す良い方法を
ご存知の方は教えて下さい。m(__)m




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/02/11 15:18】 | 海外ポップス |
森昌子「城ヶ島の雨」
「城ヶ島の雨」は古くからある日本の唄ですが、
森昌子さんがYouTubeで歌ってるのを聴き、
あぁ吹いてみようかなぁっと。(*^_^*)

この曲は日本調です。つまり拍子が裏になる。
宴会の手拍子と同じ。
(まぁ自分の場合日本調でも西洋調でも拍子から
外れる癖は変わりませんが…(*^^)v

おまけに途中で転調までします。(短調から長調?)
また元に戻って終わりという…

最初と最後は叙情歌風なんですが、途中の転調部分が
民謡調になってしまいました。^m^

これでも普通の曲よりは大分時間をかけて、
(30分ぐらいは…)練習したんですが
なかなか思うようには吹けません。(^_^;)




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/02/09 17:52】 | 抒情歌・唱歌・童謡 |
モーツァルト「フルート四重奏曲1番」
モーツァルトのフルート四重奏曲ニ長調第二楽章です。
これだけで一つの楽章です。短いでしょう?

厳密に言えばこの曲はEndingがありません。
そのまま第三楽章に移行してますから…
自分でかってにEndingをモーツァルトの曲に
ペタとくっ付けたんです。(^_^;)

でも不自然じゃない…っかな?(*^_^*)

モーツァルトの曲ってオカリナで吹き易いんです。

多分、

A.使用音階が狭いものがある。
B.ゆったりとしたメロディ。
(特に第二楽章、アダージョとなってるものが
狙い目…(*^^)v
C.聴き慣れてる曲が多い。

せいでは、ないでしょうか。

キラキラ星からいきなりでは難しいでしょうが
かなり初心者でも「なんとか」聴けるように
吹くのは簡単です。

演歌より易しいかも…^m^

是非皆さんも挑戦してみて下さい。\(^o^)/




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/02/07 21:01】 | クラシック |
スメタナ「モルダウ」
チェコスロヴァキアの作曲家スメタナが作った
交響詩「我が祖国」内の一曲で、日本では最も
有名な「モルダウ」を吹いてみました。

首都プラハに流れ込む優雅な河の流れを
想起させると同時に、当時チェコは
オーストリアのハプスブルグ帝国に
支配されていましたから、スメタナの祖国に
対する憂いと強烈な想いが込められているような
気がします。

オカリナを吹くときって、そんな「想い」に
浸りきって演奏するといいような…\(^o^)/

普通プロはその陶酔感なり高揚感を、聴いている
人々が嫌味に感じない程度に抑制します。

あくまでも聴衆中心ですから…

でも我々初心者は「自分の」気持ちが良ければそれで
いい訳でして、抑える必要は全くなく(ストレスを
溜めることはない)人に「趣味が悪いなぁ!」と
言われる程度まで想いを強調したほうが、
気持ち的にはスカッとします。(*^^)v

以前、日経新聞に太田(前)経財相が自らの趣味を
書いておられました。テレビで見る太田さんの
ファッション・センスって、まぁ「まずまず」です。

ところが太田さんの趣味は社交ダンスですって。
その愛用のダンス靴が新聞に載っていました。

「金ピカで太い紐付き…それを履いてラメ入りの
ドレス」で踊るそうです…。

な~んか、そんな熟年女性っていかにも
居そうな感じですが…

福田元総理じゃないけど、「自分を客観的に見たら」
とても出来ません。

でも、そうじゃないんです。
それが良いのです!

ラメ入りのドレス+金ピカのダンス靴で
恍惚となって踊るから、「趣味な」わけでして、
たとえ悪趣味?でも、それでこそストレスが
解消されるのです。

オカリナも「ベタベタの想い」を込めて
吹くから楽しい。

男性で言えばポマードでコテコテのオールバック!
あるいは、中の柄パンが丸見えにずり下げた
Gパン!です。

そんな人目を気にしない演奏こそ、初心者の
楽しみです。

な~んか最近オカリナ吹いても、もう一つ
「ノリが悪い」と感じておられる人は是非
試してみて下さい。

(聴いてくれる人は、
減るかも知れませんが…^m^)




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2010/02/04 14:26】 | クラシック |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。