プロフィール

オカリナベ

Author:オカリナベ
最近オカリナ始めたばかりの初心者です。(2007/02/26スタート)

オカリナって素人っぽい音色も魅力の一つです。
つまり初心者の演奏でも、それなりの味わいがあります。
…っと、思って、これまで練習した曲を公開しました。

基本的には原曲(楽譜)をベースにして吹いてはおりません。

こ~んな感じって良いなぁと、思いつくまま全く自分なりの
イメージで自由に吹いております。
予めご承知おき下さい。

オカリナを演奏される方々には「お手本」ではなく「反面教材」
として、ご利用頂ければ…

また休日に老人ホームでオカリナの演奏会をボランティアで
やらせて頂いていますので、曲目は懐かしのメロディが中心です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ビング・クロスビー「ホワイト・クリスマス」
「ホワイト・クリスマス」は1954年のミュージカル映画
でビング・クロスビーによってこの曲が歌われました。
以後、クリスマスの頃には世界中で半世紀以上も
歌われ続けているわけです。(*^_^*)

やさしいメロディでオカリナ初心者には
吹き易い曲ですので、みなさんも一度は
演奏されたことがあるのではないでしょうか?

降り続く雪を連想して、できるだけ音を切らない
ように吹いてみましたが、なんか雪が溶けてしまい
シャーベット状になったような…^m^




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

スポンサーサイト
【2009/12/22 14:19】 | スクリーン・ミュージック |
ウルフルズ「明日があるさ」
ウルフルズの「明日があるさ」は本来、坂本九が
1963年に歌ったものです。
なんと作詞が前都知事の青島幸男さん…

以降、CMに使われたり、選抜高校野球の
入場行進曲になったり、最近ではウルフルズや
吉本のRe:Japanが歌いNHK紅白歌合戦にまで
出場したのは記憶に新しいところです。

「明日があるさ」って言葉が人々に希望を
抱かせてくれるところが、この歌の人気の
秘密なんでしょうね。

簡単なメロディなのでオカリナ初心者向けです。(*^^)v




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/12/18 11:52】 | 国内ポップス |
辛島美登里「サイレント・イヴ」
1990年TBSドラマ「クリスマス・イブ」の主題歌
辛島美登里の「サイレント・イヴ」です。
(ドラマの題名が「イブ」で歌の方が「イヴ」^m^)

実はこの曲最近まで知らなかったんです。
そもそも20年近く前の歌ですから…

多分オカリナを吹いてなければ、ずっと
知らないままかも。^m^

テレビで80~90年代のヒット曲集を
やってまして、この歌が流れました。

聴いたとたん「オカリナで吹けそう!」って
ピ~ンと来ました。(*^^)v

近頃どんな曲を聴いても、まずオカリナで吹けるか
どうかが最初の関心になります。(^_^;)

音の高低差が少なく、メロディがゆっくりしたもので
あればOK!

そういった意味では、80~90年代のヒット曲って
吹けそうな曲が多かったなぁ…(^_^)v

オカリナ初心者にとっては10~20年ほど
タイム・スリップすれば、ちょうど良い曲が
いっぱい。(*^_^*)




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/12/06 16:16】 | 国内ポップス |
秋元順子「愛のままで」
2008年にブレイクした中高年女性の星!秋元順子さんの
「愛のままで」を吹きました。(*^_^*)

この曲は母が好きで随分実家で演奏しました。
ひょっとしたら母もデビューを考え始めたとか…^m^

この「愛のままで」は「原曲のままで」
ではありません。イメージをベースに勝手気ままに
吹いてますから、いわば暗号のようなものです。

で、聴いてる方はその暗号をご自分の記憶で
元に戻しておられるわけです。

つまり暗号化と非暗号化のプログラムが双方の脳内で
自動的に処理されている訳です。(^_^)v

コンピュータの場合はデジタルですから正確に
暗号化されますが、人間はアナログですから
暗号化も不安定ですし、復元するのも聴いてる人に
よって様々です。

つまりどのように聴こえるか?って聴いてる人の
記憶に依存しているわけです。

言い換えれば聴いてる人だけの「曲のままで」…(^_^;)




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/12/05 10:00】 | 演歌 |
明日に向かって撃て!「雨にぬれても」
「雨にぬれても」Raindrops Keep Fallin' On My Headは
ポール・ニューマンとロバート・レッドフォード主演の
1969年の映画・明日に向かって撃て!Butch Cassidy
and the Sundance Kidのテーマ曲です。

メキシコ兵が周囲をとりかこんで銃を構えている
ど真ん中に、二人で突っ込んで行くラストシーンは
感動的でした。

「雨にぬれても」って銃弾の雨にぬれてもの
意味かも…^m^

リズミカルなこの曲はオカリナで吹かれる機会が
多いものの一つです。

プロが演奏会で人に聴かせる場合は、何度も練習して
ほとんどミスがないようにするのが普通ですよね。

でも、素人が一人で吹いているときは吹いている
本人が聴衆でもあるわけです。音を聴きながら
楽しみがないと面白くない。つまり確実に
ミスなく吹ける状態より、ひょっとしたらミスする
かもしれない程度で吹いてみて、思わず上手に
吹けたりすると嬉しいのです。

不確実な要素が混じっていること、(勿論確実に
滅茶苦茶じゃだめですが…)演奏が想定外の
音やメロディに繋がる魅力ってあると思うんです。

音が次の音を生み出すようにメロディが続く
感じというか…
そこに新鮮さがある。何度も繰り返して決り切った
旋律しか期待できないと素人は飽きてしまう。

プロは確実性がないと困るでしょうが…。プロは
自分よりも聴衆のために演奏しているのですから。

素人は素人なりの楽しみがある。(*^_^*)

もっともっと一人でオカリナを吹いている人達が
その人なりの演奏をWEB上で公開されれば、
楽しいと思うんです。

そんな輪がどんどん広がれば、音楽を演奏する
楽しみがもっと身近になるんじゃないでしょうか。
「明日に向かって吹け」(*^^)v




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/12/04 10:44】 | スクリーン・ミュージック |
アンディ・ウィリアムズ「ある愛の詩」
「ある愛の詩」は1970年に公開されたアメリカ映画です。
テーマ曲はフランシス・レイが作曲しアンディ・
ウィリアムズが歌って当時日本でも大ヒットしました。

母の話ではこのテーマ曲が良いので、どんなに
素晴らしい映画かと期待したが、全然面白く
なかったそうです。

当時、悲恋物語で恋人の女性側が亡くなり男性側が
生き残るケースが多かったようで、日本でも
「愛と死を見つめて」で吉永小百合さんの人気が
いっきに高まったとのこと。
こちらの日本映画の方がはるかに感動したと
言っておりました。

最近は、タイタニックなんかでも男性側の恋人が
亡くなるケースが増えているようです。

女性が強くなった時代の流れでしょうかねぇ。^m^




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/12/03 11:41】 | スクリーン・ミュージック |
中島みゆき「時代」
「時代」は1975年の中島みゆきさんの曲なんですが、
古さを感じさせない。

この歌を聴いていると、いつも泣けてくる。(/_;)

オカリナ吹いていて思うのは、メロディしか
その曲を表現できないけど、どこか歌詞が
身体のどこかに残っていて、それが流れ出して
くるんじゃないでしょうかねぇ。

自分の過去の経験が音の流れに浮かび
上がってきて、それを吹いているような気が
するんですよ。




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/12/02 14:31】 | 国内ポップス |
レイモン・ルフェーブル「愛の讃歌」
「愛の讃歌」は中間の語りの部分が難しい。
前後の歌はシャンソンらしく伸び伸びと吹けば
良いのですが、語りの部分は歌詞がないから
どうしても単調になり易い。

オカリナの演奏はアンダンテ・カンタービレ
(ゆっくりと歌うように)が基本ですから、
…野だめカンタービレじゃなく…^m^
自分が実際に歌える以上に、上手には吹けません。

そのときに、その歌が本来持つ情感をどれだけ
掬いとれるかが、オカリナの演奏を決めます。
多分それはテクニック以前の感性の問題
ですが。

1950年に作られた愛の讃歌もエディット・ピアフ
Edith Piafの全人生が込められています。
それが今でも私たちを感動させるのでしょう…




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/12/01 20:10】 | 海外ポップス |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。