プロフィール

オカリナベ

Author:オカリナベ
最近オカリナ始めたばかりの初心者です。(2007/02/26スタート)

オカリナって素人っぽい音色も魅力の一つです。
つまり初心者の演奏でも、それなりの味わいがあります。
…っと、思って、これまで練習した曲を公開しました。

基本的には原曲(楽譜)をベースにして吹いてはおりません。

こ~んな感じって良いなぁと、思いつくまま全く自分なりの
イメージで自由に吹いております。
予めご承知おき下さい。

オカリナを演奏される方々には「お手本」ではなく「反面教材」
として、ご利用頂ければ…

また休日に老人ホームでオカリナの演奏会をボランティアで
やらせて頂いていますので、曲目は懐かしのメロディが中心です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
イルカ「なごり雪」
「なごり雪」は本来かぐや姫の歌だったそうですが
1975年にイルカさんが歌ってヒットしました。

この曲好きなんですが、同じ音が細かく
続くところをオカリナで吹くのがどうも難しい…(^_^;)

それにしても、イルカさんは顔、スタイル、声
何をとっても変わりませんよねぇ。(・・?

若いときから…^m^

自分もオカリナ始めたときから音程、メロディ、
音質と何をとっても変わりません。
(アルトC管からソプラノF管に変えたときには
さすがに音程は高くなりましたが…^m^)

全然、進歩してないからかぁ…(*^_^*)

しかし、大事なことは上達するか
どうかではなく、オカリナを吹くのが
楽しいかどうかです。

イルカさんが変わらないのも、歌っているのが
楽しいからじゃないでしょうかねぇ。(*^^)v



YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

スポンサーサイト
【2009/11/30 12:21】 | 国内ポップス |
ミッチ・ミラー合唱団「テキサスの黄色いバラ」
「テキサスの黄色いバラ」はアメリカ南部に伝わる
古い民謡で1955年にミッチ・ミラーMitch Miller
合唱団のレコーディングにより世界的に有名に
なりました。

ラベルのボレロのように遠くからメロディと歌が
聴こえてきて、目の前を通り過ぎ、遠くへ去って行く
ような構成だったように記憶しています。
(1955年じゃなくて、はるか後に他の西部劇や
フォスターの歌と一緒にレコーディングされた
ものですが…)

メロディが行進曲風だったので、南北戦争時代の
南軍の歌かと思ってましたが、実際はテキサスが
メキシコから独立した時代の歌のようです。

さて、オカリナのレパートリーも100曲を超えると
この程度の曲だと、試しに数回吹けば
演奏できるようになります。

記憶の中にメロディがはっきりとイメージ
できているものほど、演奏出来るまでに要する
時間が短い。

これは独学自習で家で吹いておられる方に言えると
思うんですが、ご近所の方に迷惑をかけないためには
一応音楽というか、曲の体裁で聴こえるものが良いと
いうことです。

ロングトーンの基本練習なんかは単に雑音にしか
聴こえないから苦情が出易い。

出来ればだれもが知ってる曲を通して吹くのが
一番ご近所の苦痛にならない。

5曲程度を一曲2回繰り返して30分~45分でしょうか…

また毎回同じ曲ばかり吹いてると飽きられるので
出来るだけ様々なレパートリーから色々と吹くのが
望ましい。

練習兼演奏会?のつもり…^m^

こうすれば本格的に上達しないかも知れませんが
色々な曲が短時間で吹けるようになり、さらに何より
カラオケボックスに行かなくてもなんとか家で練習する
ことが可能になります。(*^^)v




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/11/29 12:08】 | 抒情歌・唱歌・童謡 |
山口百恵「いい日旅立ち」
「いい日旅立ち」は1978年にアリスの谷村新司の
作詞作曲で山口百恵が歌ってヒットしました。

当時JRの旅行誘致キャンペーン・ソングだった
ようですが、名前が良いので結婚式や卒業式でも
歌われたとのことです。

母が懐かしいのでぜひ聴きたいというリクエストに
応えて練習したものです。




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/11/28 16:46】 | 国内ポップス |
ポール・モーリア「サントワマミー」
このシャンソンは越路吹雪が歌ったことで日本でも
有名になりました。
本来はアダモの歌…(・・?

サントワマミーって、フランス語では↓

Sans toi, m'amie

ma amie だから本来は女性の友人(恋人)を
呼ぶ表現です。
Sansが 無しで toiが あなた
「あなた無しでは、私の恋人よ」と言ってる
訳です。

従ってフランスでは男性から女性に対する歌だったのを
越路吹雪が女性から男性に対する歌に代えたの
ではないでしょうか。

当時は男性は凛々しく強くなければというイメージ
があったから、「あなた無しでは、私の恋人よ」じゃ
都合が悪かったので、一般的には弱々しいと
「思われていた」女性の歌として日本では
流行ったでしょう。

最近ではこの歌を忌野清志郎もカバーしました。
ようやく日本もフランス並みに男性が歌うように
なったんですねぇ。(*^^)v




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/11/27 11:53】 | 海外ポップス |
美空ひばり「愛燦燦」
「愛燦燦」は美空ひばりのために小椋佳が
1986年に作詞・作曲したものです。

美空ひばりって楽譜は読めなかった
ようですが、どんな曲でもイメージが掴めれば
歌えたそうです。例え英語の歌でも。

音感とリズム勘が抜群だったんでしょうね。
曲それぞれが持つ雰囲気と情感をそのまま
歌えたって素晴らしいことです。

オカリナも曲のイメージさえあれば吹ける人が
居ます。音とリズムが自動的に息と指の運動に
変換されるから効率的です。

自分の場合は、まずイメージー>それからそれを
オカリナ用に転調して音符に変換ー>ドレミファで
ブツブツ歌う(これをやらないと、曲の
イメージがオカリナで固まらない…(*^_^*)

ー>掴めたところで始めてオカリナを吹きだす。
ー>何度も吹きなおしてイメージを高める。
(カッコ良さそうに聞こえますが、要は
トチらないようにしているだけ…^m^)

それから録音。YouTube用にスライドショー作成、
YouTubeとホームページ、Blogにアップ。
こうして曲の感想も書く。…っと。

やっぱりオカリナが相当好きじゃないと、
やってられませんよね。(^_^;)




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/11/26 11:18】 | 演歌 |
ペギー・リー「ジャニー・ギター」
「ジャニー・ギター」Johnny Guitarは1954年、
日本名で「大砂塵」という西部劇のテーマ曲です。

当時日本でヒットしたのかどうか分かりません。
この映画もテーマ曲も…(・・?

普通Johnnyはジョニーと言われますが、当時は
より米語に近く「ジャニー」と言われたんですね。

(「ジャニー」と言うとJourney→旅と間違い
そうな…)

ジャニーというのはさすらいのギター弾き
であると同時にガンマンの名前です。

(でも「さすらい」のだからJourney→旅ギターでも
問題はなかった…(*^^)v

この歌はそのジャニーが歌うのではなく、
かっての恋人である酒場の女主人(ジョーン・
クロフォード)がギターを抱えて歌うのです。
(ジャニーが撃合いで死んでしまう前なのか
後だったか…)

その崩れた美しさと捨て鉢な態度のなかに
ジャニーを想う気持ちが込められており
泣ける場面です。

アメリカではペギー・リーPeggy Leeが歌って
当時は結構ヒットしたようです。
日本でも伊東ゆかりがこの曲をカバーしています。

単調(曲も短調…^m^)なメロディなんですが、
不思議な味があって好きです。

特に最後の:
ドシドー、シラシー、ラーソ♯ーラー
のフレーズは余韻が残って素晴らしい。(*^_^*)



YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/11/25 12:24】 | スクリーン・ミュージック |
秋川雅史「千の風になって」
「千の風になって」は秋川雅史が2006年の紅白で歌って
大ヒットした曲です。のびのびとしたテノールで歌う
「千の風になって」も良いですが、作詞者の新井満が
しみじみと歌うのも、また捨てがたい味があります。

A.人は亡くなっても愛する人の側で永遠に
その人を見守っているってイメージは
普遍的に人間にとって魅力ある想い
なんでしょう。

B.それとは逆にいつまでも亡くなった人の
恨みが…っていうイメージが嫌われるのと
正反対の意味で。

ということはB.の負のイメージが余計に
A.の愛のイメージを光輝かせてるってことに
なりますよね。(*^^)v

さてオカリナを演奏する人でこの曲を吹いたことがない
人はないほどよく演奏される曲です。

逆に言えばそれほどオカリナに合う伸びやかで
シンプルなメロディの曲が今少なくなって
きているのでしょうね。(^_^;)



YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/11/24 11:20】 | 国内ポップス |
フリオ・イグレシアス「黒い瞳のナタリー」
1982年にフリオ・イグレシアスJulio Iglesiasが
歌って「黒い瞳のナタリー」Nathalieは有名に
なりましたが、原曲は「黒い瞳」というロシア民謡です。

最初の「ナタリー」って叫ぶところなどが
スペイン風のアレンジで後半がロシア民謡調に
なってます。

オカリナとしてはメロディがスムーズなロシア風の
部分が合うようです。(*^^)v

しかし母なんかに言わせると昔、
「黒い瞳の若者がぁ~ぁ」ってロシア民謡があったけど
少しメロディが違うようだと申しております。(・・?

歌声喫茶?とかいう店があり、みんなで歌集を
見ながら合唱したそうです。(*^_^*)




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/11/23 12:13】 | 海外ポップス |
森進一「おふくろさん」
森進一はご承知の通り一時、作詞家川内康範の
抗議により、1971年からず~っと歌い続けてきた
この「おふくろさん」が歌えませんでした。

昨年からようやく歌えるようになったようなので
オカリナで吹いてみました。(*^^)v

森進一の歌って、これまでの人生の苦労が
一杯つまっているようで…

だからあれだけ声が震えるのかも。^m^

一般的にオカリナにはシンプルで透明感のある
メロディが合うのです。はっきり言って涙と苦労の
演歌には向かない。

だからオカリナが好きな人の中で演歌ファンは
少ないようです。

特に森進一の歌なんか普通に吹くと
味も素っ気もない。(^_^;)

そこで、まぁ敢えてそんな演歌をオカリナで
吹く秘訣は↓
高音域を切れ切れに切なげに吹くことと
低音域でビブラートをかけ、少し濁ったような音を
出すことでしょうか。

こうすることでちょっぴり「それらしく」聴こえるって
思うですが、いかがでしょうか。(・・?




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/11/22 14:41】 | 演歌 |
サイモン&ガーファンクル「明日に架ける橋」
1970年に大ヒットしたサイモン&ガーファンクル
Simon & Garfunkelの「明日に架ける橋」、原題が
Bridge Over Troubled Waterです。

YouTubeなんかでこの曲を聴くと同じ二人が
歌っているのに動画によって微妙にメロディが
違います。

不思議に思って楽譜を調べてみると出版社によって
微妙に違います。

自分がオカリナを吹くときもその時々でかなり
違います。これは技術のせい…^m^

色々吹いてみて気付いたんですが、楽譜や実際に
歌ってるものより、自分の持っているイメージ通りに
吹くのが一番「それらしく」聴こえる。

自分の「それらしく」を聴いてくれた人々の中で
感性が比較的近い人だけが、「それらしく」聴いて
くれるってことじゃないでしょうかねぇ。(*^^)v




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/11/21 10:54】 | 海外ポップス |
サイモン&ガーファンクル「サウンド・オブ・サイレンス」
1966年映画「卒業」で有名になったサイモン&
ガーファンクルの「サウンド・オブ・サイレンス」です。

この曲だけでなく、一般的にサイモン&ガーファンクルの
歌はオカリナで演奏されることが多いようです。
どことなく鄙びたシンプルなメロディがオカリナに
合うのではないでしょうか。

オカリナを吹く人の好みでもあるのでしょう。(*^^)v



YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/11/20 11:25】 | スクリーン・ミュージック |
倍賞千恵子「庭の千草」
アイルランド民謡「庭の千草」の原題は
The Last Rose of Summerです。

しかしこれが明治時代に翻訳されたときに
何故かバラが千草に変わってしまった。

当時はバラよりも千草のほうが日本人には
親しみやすかったのかも知れません。


庭の千草も 虫の音も
枯れて淋しく なりにけり
あゝ 白菊 あゝ 白菊
ひとり遅れて 咲きにけり


そこで原曲の夏のバラのイメージではなく
秋の千草のはかなげなムードで吹いて
みました。(*^^)v

でもバラも千草の一種だと言われれば…(・・?




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/11/19 10:55】 | 抒情歌・唱歌・童謡 |
オードリー・ヘップバーン「マイフェアレディ」
1956年のオードリー・ヘップバーン、レックス・ハリスン
主演の映画「マイ・フェア・レディ」My Fair Lady
の挿入歌「踊り明かそう」I Could Have Danced All Night
です。

なんと言ってもオードリーは男性にとって永遠です。
(*^_^*)

ローマの休日でも、このマイ・フェアレディでも
女性としての品位上昇度?が素晴らしい。
その落差にくらくらするぐらいです。

つまり、ローマの休日では市井の女性の姿から
最後の王女に戻ったとき、またマイ・フェアレディ
では下町の娘からレディになったとき、それぞれ
の気品と美しさと可愛さと…

さすがにこの歌は吹き替えのようですが、
I Could Have Danced All Night
with Audrey!
とレックス・ハリソンだけじゃなく、世の中の
全ての男性諸氏は思いますよね。(*^^)v

オカリナも若干調子に乗って上ずってますが…^m^

特に最後のフレーズ:

ドドドドーシーシー
ミソシレードドー
ファラドミーレーファーーミードーー

は喜びが爆発したようで、大好きです。\(^o^)/



YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/11/18 13:09】 | スクリーン・ミュージック |
博多民謡「黒田節」
最近女性でも日本酒を好まれる方が増えたので
豪快な博多民謡「黒田節」を吹いてみました。

面白いなぁと感じるのは、西欧の音楽と日本民謡とで
拍子が反対になることです。

餅つきで言えば、ペッタンと杵で餅をつく
タイミングが西欧音楽で、合いの手で餅を裏返す
タイミングが日本民謡です。日本の場合、間で
拍子を取るわけですね。

老人ホームなんかでお年寄りが多い場合、民謡は
良いのですが、普通のポップス系の曲を演奏すると
手拍子が混じってしまうことがあります。

ペタペタペタペタとなって実に演奏しづらい…(^_^;)

そこで司会の人が手を大きく振りながら手拍子を
取ってくれるのですが、頑固な人がなかには
おられて…

殆どの人がペンと拍子を取ってくれるなか一人だけ
それに合わせないので、ペンタ、ペンタ、ペンタと
なってこれもやりづらいものです。^m^

でもオカリナの音色やメロディは癒し系ですから、
お年寄りには向いているのではないでしょうか。
若いときに聴いた曲だとその時代の想い出が
甦りますので、若返りの効果があるかも。(*^^)v





YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/11/17 11:47】 | 日本民謡 |
アンディ・ウィリアムズ「ダニー・ボーイ」
アンディ・ウィリアムズの「ダニー・ボーイ」を
吹いてみました。

この曲は結構以前に録音したものです。
と言っても一年ちょっとではありますが…
もう少し上手に吹ける気がして今までアップ
しなかったんですが、以前録音したものを今
聴いてみるとあまり現在の吹き方と変わらない
じゃないですかぁ…
って、全然進歩してないってこと?^m^

原曲はアイルランド民謡「ロンドンデリーの歌」
Londonderry Airだそうですが、「ダニー・ボーイ」
の方が日本では、はるかに有名ですよね。(*^^)v

O Danny boy, the pipes, the pipes are
calling From glen to glen and down the
mountainside ... O Danny boy, O Danny boy,
I love you so.♪

戦いに出かける我が子を想う母親の気持ちを
歌ったものだそうです。




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/11/16 14:27】 | 抒情歌・唱歌・童謡 |
テレサ・テン「つぐない」
最近テレサ・テン(麗君)のTV特集があったらしく、
母からのリクエストで1984年にヒットした
「つぐない」を吹いてみました。

「まぁどぉ~にぃ西陽がぁ~あたる部屋はぁ~」の
出だしが難しい。

オカリナは指で穴を押さえて音程を
調節する楽器ですが、吹く息の強弱で
かなり音が上下します。

尺八ほどではないにしても、やはり
音を作っている感覚はありますよね。
そこが面白いところでもあるのですが。

なかなか、イメージ通りの
「まぁどぉ~にぃ西陽がぁ~」
にならないものだから、ず~と同じところ
を吹いている。

それがオカリナの練習を聴いている人に
とっては苦痛なんでしょうね。
まぁロングトーンの練習よりはメロディが
あるから、ちっとはましでしょうが…(^_^;

そもそもテレサ・テンの歌い方が独特です
よね?それをオカリナで真似すること自体
かなり無理があるのは分かっているんですが。

うちの母はイメージが違うと、一曲全部演奏が
終わってから「出だしちょっと違うみたい…
もう一度やってみてぇ」とか平気で言う
タイプなもんですから。こちらも苦労する
わけでして…(^_^;)

どうでしょう?
少しは雰囲気出てるでしょうかねぇ?



YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/11/15 12:18】 | 演歌 |
アルフィー「星空のディスタンス」
1984年に発表されたアルフィーTHE ALFEの17枚目の
シングル「星空のディスタンス」です。

TBSテレビドラマ「無邪気な関係」の主題歌だった
そうですが、ドラマは全然知りません。

この曲はテンポと威勢が良いので好きです。(*^_^*)

オカリナの演奏に向いているとは思いませんが、
「好きだ」って想いが吹くのを後押してくれます。

当時は若かったアルフィーのメンバーもすっかり
オジサンになってしまいました。(^_^;)

でも今のアルフィーも良いですよね。(*^^)v




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/11/14 11:06】 | 国内ポップス |
ブラザーズ・フォー「懐かしきケンタッキーの我が家」
フォスターの「懐かしきケンタッキーの我が家」
"My old Kentucky home"を聴くとケンタッキー
フライドチキンのCMを想い出します…^m^

アメリカ・ケンタッキー州の州歌としても歌われて
いるそうです。フライドチキンの原産地か(・・?

冗談はさておき、この曲が作れた頃はまだ黒人奴隷
制度が残っており歌詞のなかにも

Weep no more, my lady
Oh, weep no more today!

など当時の黒人女性の悲惨な境遇を描写した
フレーズが残っています。

以前にも書いたかも知れませんが、アメリカ南部の
ガソリンスタンドで丁度アフリカ系アメリカ人
(今ではそう呼ばないと差別になるそうです。)
が給油してくれて、少し話しをしたことがあります。

彼はアメリカにおける人種の順番を一番白人、
二番目は黒人、三番目が我々日本人を含む
アジア人、最後がヒスパニックだと
考えているようでした。どうもアメリカ大陸に
渡ってきた順番と勘違いしているようで…(^_^;)

本来一番になるはずのアメリカ原住民(インディアン)
のことは、すっかり忘れているようでした。
そもそも南部にはあまりインディアン居留地が
少なかったせいだったのかも知れません。

いずれにしても差別意識は根深いものですね。
他者を差別することは自らのアイデンティティと
プライド?を維持する心理的な装置なのかも…

フォスターは白人ですが、黒人に対して
理解のある層に当時は属してはいたようです。
それでも、黒人をやはり一段下に見ていたことは
否めません。

さて、寒いときにオカリナを最初に吹くと
ひび割れた音になりがちです。
予め暖めておくと良い音がでます。
しかしなによりも数曲吹いておくのが
指の動きも一緒にトレーニング出来て、
ベストです。(*^^)v

この曲は敢えて、試しにいきなり吹いてみました。
全体的に音がひずんでいること、またその中でも
最初よりは後半の方が音の伸びが少しましになって
いることがお分かりでしょうか?




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/11/13 13:57】 | 抒情歌・唱歌・童謡 |
福山雅治「夢の途中・薬師丸ひろ子」
映画の「セーラー服と機関銃」は1981年に
薬師丸ひろ子が主演で公開されました。
その後すぐ原田知世が主演でドラマにもなったそうです。

さらに2006年に長澤まさみと堤真一でドラマ化されたのは
記憶に新しいのではないでしょうか。

最初の映画の主題歌として来生たかおの「夢の途中」が
使われ、薬師丸ひろ子が歌って大ヒットしました。

テレビのなかで映画のコマーシャル用に薬師丸ひろ子が
この歌をバックに機関銃をバリバリと撃ちまくって、
「カイ、カン」と言う場面があったそうで…、
当時の流行語にもなったとか。(*^^)v

最近ではYouTubeで福山雅治がこの曲をカバーしてるのを
聴きました。

さすがに「カイ、カン」まではカバーしてませんでしたが…^m^





YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/11/12 11:45】 | スクリーン・ミュージック |
ポール・モーリア「雪が降る」
1963年アダモの「雪が降る」をポール・モーリアが
カバーしたものです。

本来はシャンソンだったようですが、
安井かずみの名訳詞、
 雪は降るあなたは来ない
ですっかり日本の歌のように感じます。(*^^)v

雪が激しく吹雪のように降るのではなくて
ゆっくりと舞い落ちるようなメロディです。

当時は今より寒かったでしょうからこの歌が余計に
心に滲みたのでしょう。ところが今日では、地球
温暖化の影響で北極の氷が溶けて北極熊の生存が
危ういとのこと。

そのうち、「昔は平地でも雪が降ってなぁ」
とか言うようにならなければ良いが。(^_^;)

ズバリ、東京の土地売って今が北海道の土地を
買い占める時期かもね?

で、北海道の大地に雪が積もるのを
みながら悠然とオカリナを吹く。(*^^)v




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/11/11 10:36】 | 海外ポップス |
布施明「シクラメンのかほり」
「シクラメンのかほり」は小椋佳が作詞作曲し
布施明が1975年に歌ってヒットしました。
(小椋佳、本人も歌ってますが…)

シクラメンの香りってこの曲が作られた時代には
ほとんどなかったそうです。(^_^;)
その後、品種改良により香りのあるシクラメンが
出来たとか…(歌のせいかも^m^)

さてオカリナの場合、同じ音が短い間に続くと
プツプツと切れるような感じになります。

そこでそれぞれの音の間を完全には空けずに
続けるように吹き、強弱でリズムをつけると
結構聴けるかなと…。(*^^)v

小椋佳の歌はあまり音域が広くないこと、
またメロディ的にも癒し系なのでオカリナには
向いているのではないでしょうか。



YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/11/10 12:00】 | 国内ポップス |
アンディ・ウィリアムズ「トライ・トゥ・リメンバー」
1965年頃にヒットした「トライ・トゥ・リメンバー」
Try to Remember個人的には結構好きなんです。
オカリナでも吹きやすいし…(*^_^*)

1960年に初演されたミュージカル「ファンタス
ティックス」の曲らしい?
作詞はトム・ジョーンズですが色んな人が歌ってます。
フランク・シナトラ、ブラザーズ・フォー、
アンディ・ウィリアムズAndy Williamsとか。

オールディーズの曲って歌詞もメロディも
ストレートでしょう。

覚えておいて欲しい想い出がある。
輝いていた青春がある。

吹いていても気持ちが前向きになる。
癒し系ですよね。
オカリナにピッタリです。(*^^)v



YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/11/09 09:29】 | 海外ポップス |
ビリー・ヴォーン「浪路はるかに」
1957年にリリースされた「浪路はるかに」
Sail Along Silvery Moonはいかにも
ビリーヴォーン楽団Billy Vaughnらしい曲です。

この曲だけではなく、この楽団の
演奏する曲は全て潮の香と波の響きを感じさせます。

寄せては返すメロディを、ゆったりと、
のんびりとした海で寛いでいる気分で
吹いてみました。

ビリーヴォーン楽団は管楽器の響きが美しい。
繊細さには欠けますが、大きく包容する感じが
ありますよね。(*^^)v

オカリナでこの曲を吹くときに、あまり高音管では
合わないと思います。低音部の響きが波のように
ザッブーンと迫ってこないと…

そういった意味ではソプラノF管は音が高すぎるかも
知れません。波じゃなくて小川のせせらぎのような…^m^




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/11/08 12:46】 | 海外ポップス |
ビング・クロスビー「峠の我が家」
「峠の我が家」はアメリカのカンサスで1870年代に
作られたものです。当初はMy Western Homeと
呼ばれてましたが、現在の原題はHome on the
Rangeです。カンサスだけではなく、アメリカ
西部の非公式の国歌だと言われるほど人々に
親しまれています。


Oh, give me a home where the buffalo roam,
Where the deer and the antelope play,
Where seldom is heard a discouraging word
And the skies are not cloudy all day.

Home, home on the range,…


このHome, home on the rangeのフレーズが
メロディも歌詞も秀逸ですよねぇ。(*^^)v

アメリカの故郷であり、原点なんでしょう。

この種の曲は、最もオカリナの得意とする
分野です。その音色の素朴さと響きが深い
郷愁を醸し出します。




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/11/05 12:41】 | 抒情歌・唱歌・童謡 |
アメリカ民謡「アメイジング・グレイス」
日本で「アメイジング・グレイス」は岩谷時子の詞で
本田美奈子が歌ったことで有名です。

本来は讃美歌(第2編167番)で、ニューヨークの
9・11テロの後、追悼のためにアメリカ各地で
歌われたそうです。

♪Amazing grace! how sweet the sound
That saved a wretch like me
I once was lost, but now am found
Was blind, but now I see.♪

驚くべき神の恵み…が何故航空機テロで何千人もの
人々が犠牲になった後で歌われたのか(・・?

3番
Through many dangers, toils, and snares
I have already come
'Tis grace hath brought me safe thus far
And grace will lead me home
5番
Yea, when this flesh and heart shall fail,
And mortal life shall cease,
I shall possess, within the veil,
A life of joy and peace.
6番
The world shall soon to ruin go,
The sun refuse to shine;
But God, who called me here below,
Shall be forever mine.

などの歌詞を聞くと、なるほどと納得する
部分は多い。

特に6番の
The world shall soon to ruin go,
The sun refuse to shine;
なんかは、あの貿易センタービルが崩壊し
上空を砂塵が覆ったのを目の当たりにした
人々にとっては、まさに実感として歌われた
のではないでしょうか。

オカリナでもこの曲はよく演奏されます。
使用音域が狭いのとフレーズの最後の音を
伸ばすところがオカリナに向いてるから。(*^^)v






YouTube-Up曲一覧へ


【2009/11/04 10:35】 | 抒情歌・唱歌・童謡 |
WANDS「時の扉」
WANDS第二期前半の1993年にヒットした「時の扉」です。
懐かしいメロディですよね。(*^_^*)

時の扉という題名からじゃないですが、なんか
時代のメロディってあるように思うんです。

独特のメロディパターンというか…

それってどうなんでしょう。
古いと感じるか?新しく感じるか?の違いは単に
その曲がヒットした時代の後先だけではないのでは。

最近の曲でも古いと感じる歌ってあります。
主として演歌系…結構好きですが。(^_^;)

うまく表現できませんが、従来の音楽のパターンから
逸脱する方に向かってる曲を自分は新しく感じる。
新鮮だから。^m^

それはいつまでも新鮮じゃなくて、時代に定着すると
飽きられて次の新しいパターンに移ってゆくので
しょうけど。

で、最近思うんですが、人間の聴力ってどれほどの
逸脱に耐えられるんでしょうか。

ロック系の音楽なんか、雑音にしか聴こえないって
高齢者の方はおられます。

それが高齢者じゃなくて、若い世代の人々が
耐えられる限界のようなものって
存在するのでしょうか。

仮にジェット機のエンジン音のようなものに
音楽がなった場合とかね。^m^

つまり音楽における「時の扉」は、
どれだけ「開く余裕」があるのか…(・・?




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/11/02 16:43】 | 国内ポップス |
倍賞千恵子「春風・フォスター」
明治36年(1903年)に唱歌として選定された
「春風」の原曲はフォスターStephen Fosterの
「主人は冷たい土の中に」Massa's In De Cold
Groundです。

唱歌では

  吹けそよそよ吹け、春風よ
  吹け春風吹け、柳の糸に

と、のどかな歌詞ですが、原曲では
綿花畑を仕切っていた主人が亡くなり、そこで
働いていた黒人達が、優しかった主人を偲んで
嘆き悲しむといった歌詞のようです。↓

  主人は黒人たちに愛されていた
  彼はとても優しかったから
  残された彼らはただ嘆き悲しむばかり

全然イメージが違います。(^_^;)

しかしいずれにしてもメロディは吹きやすい曲です。
唱歌はほとんどそうですが…

逆に言えばフォスターの曲は唱歌になるほど
メロディがシンプルってことでしょうね。(*^^)v




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/11/01 12:02】 | 抒情歌・唱歌・童謡 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。