プロフィール

オカリナベ

Author:オカリナベ
最近オカリナ始めたばかりの初心者です。(2007/02/26スタート)

オカリナって素人っぽい音色も魅力の一つです。
つまり初心者の演奏でも、それなりの味わいがあります。
…っと、思って、これまで練習した曲を公開しました。

基本的には原曲(楽譜)をベースにして吹いてはおりません。

こ~んな感じって良いなぁと、思いつくまま全く自分なりの
イメージで自由に吹いております。
予めご承知おき下さい。

オカリナを演奏される方々には「お手本」ではなく「反面教材」
として、ご利用頂ければ…

また休日に老人ホームでオカリナの演奏会をボランティアで
やらせて頂いていますので、曲目は懐かしのメロディが中心です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ニニ・ロッソ「夜空のトランペット」
ニニ・ロッソNini Rossoの「夜空のトランペット」
Il silenzioは1964年に発表されましたが
彼の曲のなかでは最も有名ですよね。

学生時代に友人からトランペットを
教わりながら、なんとかこれだけは吹ける
ようになりたいと連日練習したのを
想い出します。

トランペットは弱音器を装着すれば別ですが、
騒音はオカリナの比じゃありません。

近隣に響き渡りますから…息と音が半々に
交じり合った脱力感あふれる下手特有の
メロディが。(^。^)y-.。o○

その点、オカリナは音にならない音?が
少ない。最高音のファぐらいじゃないで
しょうか。でも息と音が半々ってのは、
初心者はしょっちゅうですが…^m^




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

スポンサーサイト
【2009/10/30 11:13】 | 海外ポップス |
カーペンターズ「トップオブザワールド」
カーペンターズのイエスタデーワンスモアと並ぶ
1970年代のヒット曲「トップオブザワールド」です。

オカリナでは、高音部のシドレー、ドレミー、レミ、
ファ、ファ、ファ、ドレーのファが綺麗に出るか
どうか(・・?

練習のときには何回も同じ部分を吹いたり、
ロングトーンで高音のファを吹いたその響きのまま
曲中で音が出るように訓練するんですが…(^_^;)

この曲なんかまだファ、ファ、ファ、と
続くので同じ指の支え方で吹けるから
まだましなんです。

曲の中で指を動かしながらのファはロング
トーンのファとは違ってやはり弱々しい…

またファに気を取られすぎるとミがかすれたり
して…オカリナ初心者の苦労は尽きません。^m^




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/10/29 11:16】 | 海外ポップス |
スコットランド民謡「ロックローモンド」
「ロックローモンド」はスコットランドの
バグパイプによる演奏で有名です。

スコットランド西南部のローモンド湖を歌ったもの
です。ご承知の通り17世紀後半のイギリスでは、
名誉革命によってカトリックからプロテスタントに
宗教体制が移行しました。

そこでスコットランドのカトリック勢力がイングランド
に対して叛乱を起こしたときの歌がロックローモンド
です。

だから曲調が勇ましくもあり、また同時に敗残の
哀愁をも帯びています。


Oh we twa ha'e pass'd
sae mony blithesome days

スコットランド独特の方言ですから
よく意味が分かりません。

仕事で当地に行ったこともあるのですが、
相手が標準英語で話してくれないと
スコットランド訛りではさっぱり
通じませんでした。(^_^;)

一般的にはイギリス英語のほうがアメリカ英語より
日本人には分かりやすいのです。

でも土地の人々が酒場で話し合ってるところは
まるで鹿児島弁か青森弁同士の会話のような…

おらの畑の今年の出来は…とか、ごく普通の
会話でしょうけどね。^m^




YouTube-Up曲一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/10/28 14:27】 | 抒情歌・唱歌・童謡 |
熊本民謡「五木の子守唄」
熊本民謡の「五木の子守唄」です。

昔は子守りが少女の仕事の一つだったから
漁師や馬子唄などと同じように働くひとの
唄だった。さらにそれを聴いて育つ子供
のための音感教育でもあったわけです。

しかし、その歌詞は下記のとおり
哀愁を通り越して、あまりに厳しい
当時の生活を表しています。

1.おどま盆ぎり盆ぎり 盆から先ゃおらんと
盆が早よくりゃ 早よもどる

2.おどまかんじんかんじん あん人たちゃよか衆(し)
よか衆ゃよかおび よか着物(きもん)

3.おどんが打死だときゃ 誰が泣(に)ゃてくりゅか
裏の松山ゃ せみが鳴く

4.せみじゃござらぬ 妹(いもと)でござる
妹泣くなよ 気にかかる

5.おどんが死んだなら 道端(みちばち)ゃいけろ
ひとの通るごち 花あげる

6.辛(つら)いもんだな 他人の飯(めし)は
煮(に)えちゃおれども のどにたつ

とりわけ、3、4、5番などは、ヨーロッパの
子守唄の歌詞「眠れ良い子よ」など幸せそうな
状況との落差に愕然とします。

昔のNHK朝ドラ「おしん」の世界ですよね。

この唄が歌われた頃はその状況がドラマじゃ
なくて、赤ちゃんに聴かせるような、普通の
日常生活だったんだなぁ…って、あらためて
感じさせます。




YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/10/26 15:54】 | 日本民謡 |
倍賞千恵子「みかんの花咲く丘」
童謡の「みかんの花咲く丘」は1946年終戦直後に
作られた歌だそうです。
メロディがゆったりとして、牧歌的ですので
オカリナの音色に合います。(*^^)v

静岡のみかん畑をイメージして作曲された
とのこと。温暖な太平洋側の雰囲気がよく
出ています。

自分もみかんの産地である愛媛で子供の頃
暮らしたことがありますので、この歌の
歌詞には共感するところが多い。

海は太平洋じゃなくて瀬戸内海ですが…(*^_^*)




YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/10/25 12:12】 | 抒情歌・唱歌・童謡 |
オリビア・ニュートン・ジョン「ザナドゥ」
1980年のアメリカ映画「ザナドゥ(Xanadu)」は、
オリビア・ニュートン・ジョンが主演した
ミュージカル・ファンタジーです。
そのテーマ曲を吹いてみました。

この歌の最後に音がどんどん上昇する部分が
あります。ザナドゥって桃源郷の意味もある
そうですから、いかにもそこに向かって
飛び上がるような感じがよく出ています。(*^_^*)

ところで「ザナドゥ(Xanadu)」という名称は、
英語でXが最初にくる典型的な中国の都市名ですが、
本来はモンゴル(元)のフビライ(鎌倉時代に
日本にも攻め寄せた皇帝)がモンゴル高原
に建設した都「上都」に由来するそうです。

桃源郷の代名詞として使われるぐらいですから
よほど美しい街並だったんでしょうね。




YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/10/24 12:43】 | スクリーン・ミュージック |
オフコース「さよなら」
1979年にオフコースで小田和正さんが歌った
「さよなら」です。30年近く前の曲ですが
良いなぁ…と思うんです。(*^_^*)

どうなんでしょう。氷川きよしの最近の歌より
感覚的には今に近いのでは?^m^

メロディとか歌詞も。

(演歌は「昔と変わらない」ところが
良いのですが…(^_^;)

はて、この歌がオカリナの演奏に向いているか
どうかは(・・?

でも好きな曲って吹いていると、好きだという
気持ちが後押ししてくれるみたいです。

不思議となんとかそれらしく聴こえるものです。(*^^)v




YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/10/23 12:46】 | 国内ポップス |
アメリカ映画「ゴッドファーザー」
フランシス・コッポラ監督、音楽ニーノ・ロータで
1972年に作られた永遠の名作ゴッドファーザーの
テーマ曲です。パート1の有名な「愛のテーマ」と
続編のパート2のテーマ曲を同時に吹いてみました。

「愛のテーマ」の方は自分の好みから云っても、
もっと早くオカリナで演奏したかった曲です。

何回吹いても気に入らないんですよねぇ。

頭の中のイメージが鮮烈であり過ぎるのか、
(ホントは演奏技術が未熟なせい…^m^)
イタリア移民独特の貧しさや哀しみが出てこない。

映画はマフィアの物語ですが、成り上がり階級特有の
憂いを表現していたマーロン・ブランドの演技は
素晴らしかった。(*^^)v

続編のパート2のテーマ曲は日本ではあまり
ヒットしませんでしたが、個人的には
結構好きな曲です。(*^_^*)

特に
ファミファラー♯ソミーー
のメロディ、
イメージですから正確ではありませんが…(^_^;)

でも、概ね感じは出てますよね。

実はこの間奏も吹いてみたのですが、どうもピタッと
来ないので省略しました。

イメージはこのピタァ感覚が何よりも大切です。(*^^)v

ところで「イメージで演奏したいんだが、どうも最初の
出だしがどの音で始まるのかよく分からない。」と
よく言われます。

答えは「どんな音でもOK」なんです。(・・?

どんな音でも曲のスタートになり得る。
ただ、それが吹き易いかどうかだけです。

自分の場合、寂しい感じの曲(短調?)はミかラで
始めます。楽しい感じの曲(長調?)はドかソです。
まずそれで90パーセントの曲はカバー
出来ると思います。
(カバーの意味は半音の数が一つないし二つで
おさまる範囲ですが…)

例えばこの曲は寂しい感じなのでラから
始めてます。

後はその音を起点に曲のイメージに
近づけるわけです。直前の音から何音階違うのか
…を次々と探り当てれば…

但し、時々間奏がうまく行かないことはあります。
どうなんでしょうねぇ。曲調が変わっているものが
あるせいでしょうか…

この辺り、さらに自分の勉強課題です。




YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/10/22 13:11】 | スクリーン・ミュージック |
X_JAPAN「Forever_Love」
2001年X JAPANが歌った「Forever Love」です。
解散する前の最後の曲だったような…(・・?

X JAPANはロック系のバンドですが、この
「Forever Love」は超?スロー・バラードです。

だいたいYOSHIKIが歌を作ってTOSHIが歌うって
スタイルが多いのですが、特にこの曲は
両者の良い所が出ているように思います。
(YOSHIKIのメロディアスなところと、
TOSHIの高音の伸びを活かすところと)(*^_^*)

この曲はオカリナで演奏されることが多いようです。
高音のソーレドドー、ソーレドドーと
続くところは何度吹いても良いですよね。(*^^)v



YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/10/20 17:11】 | 国内ポップス |
沢田研二「勝手にしやがれ」
「勝手にしやがれ」は1977年にリリースされ
その年のレコード大賞、歌謡大賞、有線大賞でを
総なめにした沢田研二の代表曲の一つです。

帽子をななめに被って歌った後にその帽子を
観客席に投げる姿がカッコよかった、と
母が言っております。(^_^;)

阿久悠の作詞ですから「勝手にしやがれ」と女性に
別れを告げるスタイルも新鮮だったとか。

まぁ沢田研二だから決まる台詞で…

普通の男が言えば、負け惜しみにしか聴こえないで
しょうけど。^m^




YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/10/19 15:09】 | 国内ポップス |
ロバート・レッドフォード「映画・追憶」
「追憶」の原題は「The Way We Were」です。
追憶って記憶ではない。記憶というのはかなり
断片的な感じがします。

想い出に近いかもしれませんが、追憶というと
想い出よりも何か物語性があるような気がします。
追想って言葉もありますが、ほとんど同じように
使われているのじゃないでしょうか。

映画「追憶」は1973年に作られたようですが、
ロバート・レッドフォードが出ていたぐらいしか
記憶がありません。

調べてみるとバーバラ・ストライサンドが
共演していたようです。(こっちが主演かも…)

実は自分は彼女があまり好きじゃないんです。
大竹しのぶと同じで、名女優意識があるのか演技が
作りすぎてるように感じます。

だから、あまり物語を覚えてないのかも知れません。
なんかカフェテラスのような場所で二人で話している
場面があった気はしますが…

しかし「The Way We Were」という原題は良い。(*^^)v
Way で道という意味と生き方をも表し、それに
We Wereで当時の二人が重なる。

でも自分は当時、The Way I wasとしか云えないって
寂しいものです。^m^



YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/10/17 14:16】 | スクリーン・ミュージック |
早稲田・校歌「都の西北」
以前、慶応の「若き血」という応援歌を吹いた
ことがあります。

野球の早慶戦もあることだから
早稲田も吹くか…

と意味不明?の理由で早稲田の「都の西北」を
吹いてみました。(^_^;)

応援歌や校歌で熱くなるのはスポーツの世界だけ。

自分も随分前になりますが、アメフトの日本一を
決める大学チームと社会人チームとの
決勝戦になんと、うちの学校が…

応援に行きました。
わざわざ千葉から東京ドームまで(*^^)v

久しぶりに熱くなりました…^m^




YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/10/13 11:09】 | 抒情歌・唱歌・童謡 |
ジョン・ウェイン映画「黄色いリボン」
「黄色い」と来るとつい高倉健の「ハンカチ」を
イメージしますが、「リボン」はジョン・フォード
監督の1949年アメリカ映画で主演はジョン・ウエィン
です。両方とも男っぽいって意味では
似てなくもないか?…(^_^;)

ビデオで見ました。当時は男が男らしくても、全然
不思議でない時代\(^o^)/

この曲は確かミッチー・ミラー合唱団(男ばっかり?)
が歌っていたような…

どこか行進曲風ですよね。ってまぁ騎兵隊の話ですから
当たり前ですが。^m^

お分かりでしょうか?
ヘイヘイヘイヘイって、掛け声も入れてみましたが。

あそこ好きです。(*^_^*)

いかにも黄色いリボンのお嬢さんと恋人の大尉
だったかを冷やかし(やっかみ?)ながらも
(仕方なく?)応援している騎兵隊の仲間の
雰囲気が良く出てますよね。(*^^)v

その取り巻き引き立て役連中の気持ちが
すっごく良く理解出来ます。

自分の場合…(^。^)y-.。o○




YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/10/11 12:08】 | スクリーン・ミュージック |
岡村孝子「夢をあきらめないで」
1987年に「あみん」の岡村孝子が歌ってヒットした
「夢をあきらめないで」です。この曲はよく
オカリナで演奏されます。メロディが伸びやかで
オカリナ向きだからでしょうか。

当時ZARDの「負けないで」など、「~ないで」って
歌詞が流行りましたよね。

相手に対する禁止を婉曲に「~ないで」と言う?

その禁止は「して欲しくないこと」に限りますが…

例えば逆に「愛さないで」なんてのは
無いわけです。^m^

まぁ歌詞のパターンの一つです。

ところでメロディも昔のパターンと
今のパターンってあるのでしょうか?

今のところは昔のメロディのほうがオカリナでは
吹き易い。ゆったりしているから。

でも将来、リズムの早いメロディが飽きられて
ゆったり系に回帰すれば、ロック系の早い曲のほうが
逆に「古く」感じられるようになるのでしょうね。(*^^)v




YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/10/10 11:25】 | 国内ポップス |
慶応・応援歌「若き血」
慶応の応援歌「若き血」を吹いてみました。

校歌や応援歌など威勢の良いメロディって
オカリナにはあまり向いてません。(^_^;)

でも何とかそれらしく聴こえるのは
何故でしょうか(・・?

記憶に残ってるソースがいい加減だから、
少々変でも大丈夫なんです。(*^^)v

つまり神宮球場で応援してる人達が大声を
張り上げて歌うイメージの「お陰で」オカリナの
演奏が正確でなくても…^m^




YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/10/09 11:12】 | 抒情歌・唱歌・童謡 |
ベンチャーズ「モスクワの夜は更けて」
1960年代か70年代前半にベンチャーズが来日した時に
この「モスクワの夜は更けて」を演奏したようです。

どこか聞き覚えがあるのだけど…って感じの
曲ですよね。

曲名もヴィレッジ・シンガーズの「ワシントン広場
の夜は更けて」と似てます。^m^

原曲はベンチャーズだからエレキでノリの良い
リズムで演奏してますが、オカリナだから
ゆったりとロシア大陸に夕闇が迫るイメージで
吹いてみました。(*^_^*)




YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/10/08 11:27】 | 海外ポップス |
竹内まりや「シングル・アゲイン」
竹内まりやの1989年ヒット曲「シングル・アゲイン」
です。彼女は去年のNHKの朝ドラ「だんだん」の
主題歌も歌ってます。

なんか竹内まりや風ってありますよね。
歌詞もメロディも…結構好みなんですが…(*^_^*)

自分のオカリナにも個性?があります。
どんな曲でもなんとなく…あぁ感じが似てるなぁっと。

早く曲を吹けるようになるって、ある意味自分の
演奏パターンにハメこむのが早いこと…(・・?

だから、この曲のようにハマり易いのは特に
早い。最初の低音部はすこし手間どりましたが
(出だしはユーミンか中島みゆき風?)

(高)ドドシラシドーファファードーシー

から始まる後半なんか、典型的な竹内ワールド
ですから、瞬速でした。(*^^)v

上手下手は別にして吹き易いってそういうこと
じゃないでしょうか。




YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/10/07 12:05】 | 国内ポップス |
ポール・モーリア「黒いオルフェ」
ブラジル映画「黒いオルフェ」のテーマです。
曲名は「カーニバルの朝」とのことですが、
普通黒いオルフェのテーマと呼ばれてます。

愛する女性を取り戻そうとする内容の映画
だったとか?
1959年の作品ですからして、それ以上は…^m^

しかし、イージー・リスニング特集なんかで
ラジオから流れることがあるので、メロディは
知ってるって人も結構おられるのでは。(・・?

一般的にはクロード・チアリのギターでの演奏が
有名ですが、ポールモーリア楽団なんかもこの曲を
カバーしてます。(*^^)v

さてオカリナは本来、直音で吹くのが正式なんです。

自分はあまりお奨めの演奏方法じゃないのですが、
ビブラートを付けたり、演歌なんかはコブシを
効かせたり思いつきのアドリブで演奏してます。

特にこの曲の場合、吹く量を意識的に抜いて、ふぅと
音程を下げると、哀切なムードが醸し出されるんじゃ
ないかと思ってやってます。(*^^)v

しかし、お疲れの方にとっては
脱力感がひときわかも…( ^^) _旦~~




YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/10/06 11:44】 | スクリーン・ミュージック |
さだまさし「北の国から」
1981年~2002年まで20年間にわたって放映された
テレビドラマの主題歌「北の国から」です。

この歌、って歌詞はありませんが…さだまさしの
ハミングのような部分とトランペットの間奏で
構成されています。

いつも楽譜をベースじゃなく、イメージで
吹いてますが、この曲は特にイメージを作り易い。

歌って歌詞が入ってると案外メロディを掴みにくい
ものなんです。このようにハミングだけだと
音階が分かり易いって意味があります。

逆にデュエットとか合唱なんかでハモってると
そのなかから主旋律を取り出すのが大変です。

その点でピアノやギターなどコード系の楽器は
同じように難しい。

一番簡単なのは管楽器の独奏です。
この曲のようにトランペットの間奏が入っていると
音が明確なので、あっと言う間にイメージを
作れました。

っと、書いてますが、あくまで自分が聴いてイメージ
ピッタリと思って(錯覚も…)いるだけですから
原曲とは相当な隔たりがあるかも知れません。(^_^;)

でも素人が自分で吹いて楽しむ程度であれば、
これぐらいで充分と…(^_^)v
そう思わない人は楽譜を見て正確に演奏されることを
お奨めします。( ^^) _旦~~

自分の場合は、イメージがある程度できた時点で
オカリナを吹きながらイメージを完成させますので、
それが練習にもなっています。

で、イメージ出来上がり即、忘れないうちに
録音ですから。

鮮度は高いけど、鮮度が高いだけ…^m^




YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/10/05 11:30】 | 国内ポップス |
アメリカ映画「慕情」
1955年に公開された「慕情」は朝鮮戦争時代の香港が
舞台の映画でした。

確かジェニファージョーンズが女医でウィリアム
ホールデンが新聞記者だった。
二人が恋に落ちて、香港を見下ろす丘の上で
デートする訳です。

どうも想い出せないのは、どちらが戦死したのか?
どちらが映画の最後の場面で想い出の丘に登り
相手を思いながら、この曲が流れるのか?って
ところです。

森のような場所で砲撃でウィリアムホールデンが
亡くなるような場面も記憶にある。でもジェニファー
ジョーンズが女医として子供達を治療している
ところに敵機が来襲して、子供を引率して逃げる。
そこに機銃掃射を受け、子供をかばって彼女の方が
亡くなったような気も…

それとも二人とも亡くなって、想い出の丘だけが
残るのか…(・・?

まぁそんなことはどっちでも良いほど…^m^
この「Love is a many splendored thing」は
名曲ですよね。

Love is a で唯一の愛を表し、普通 a の
後には続かないManyをもってきて意外性を
感じさせる。そしてMany-Splendoredで
たくさんの素晴らしい広がりを歌に込める。
最後は当然ThingsじゃなくてThingで唯一の
ものを表現する。単数形と単数形の間に
無数の複数形がイメージされて、素晴らしい
曲名だと思います。(*^_^*)

このメロディを聴いているといかにも恋人同士で
丘の上から香港を見下ろしているような気分に…

しかし、丘の上から離れて見るから良かったんで
今と違い当時の香港って接近して見たら随分と
汚かったようですが…(^_^;)




YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/10/03 15:12】 | スクリーン・ミュージック |
トム・ジョーンズ「思い出のグリーングラス」
思い出のグリーングラスGreen Green Grass Of Homeは
死刑囚が処刑前夜に故郷を想って作った歌を1965年に
トム・ジョーンズが歌ってヒットしたものだそうです。

全ての優しかったものが人生の最後に
微笑みながら会いに来てくれ、
二度と触れることのない
緑深き草が生い茂った故里の家へ…

といった歌詞によって哀切さが伝わって来ますよね。

オカリナ向きの曲です。
曲想といい、メロディといい、懐かしい故郷の
想い出とともに甦ります。

人生の最後にこんな美しい詩を書ける人が、なぜ
死刑になるような重い罪を犯してしまうんでしょう…




YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/10/02 12:12】 | 海外ポップス |
アンディ・ウィリアムス「ムーン・リバー」
「ムーン・リバー」は確かニューヨークを舞台にした
1961年の映画「ティファニーで朝食を」の主題歌です。
(主演はオードリー・ヘップバーン)

フランク・シナトラはじめ数多くの歌手がこの歌を
カバーしています。でもやはりアンディ・ウィリアムスが
その伸びのある声で歌っていたのが最も印象に
残っています。

日本でもこの曲をカバーした歌手は多くいますが
これを邦題で「月の川」なんて翻訳すると興醒め
ですよね。やはりムーゥンリバァァじゃないと。(^_^;)




YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/10/01 11:13】 | スクリーン・ミュージック |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。