プロフィール

オカリナベ

Author:オカリナベ
最近オカリナ始めたばかりの初心者です。(2007/02/26スタート)

オカリナって素人っぽい音色も魅力の一つです。
つまり初心者の演奏でも、それなりの味わいがあります。
…っと、思って、これまで練習した曲を公開しました。

基本的には原曲(楽譜)をベースにして吹いてはおりません。

こ~んな感じって良いなぁと、思いつくまま全く自分なりの
イメージで自由に吹いております。
予めご承知おき下さい。

オカリナを演奏される方々には「お手本」ではなく「反面教材」
として、ご利用頂ければ…

また休日に老人ホームでオカリナの演奏会をボランティアで
やらせて頂いていますので、曲目は懐かしのメロディが中心です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
メンデルスゾーン「真夏の夜の夢」
「真夏の夜の夢・夜想曲」はオーケストラの場合、
ホルンで演奏されます。同じ吹奏楽器のせいか
ニニロッソの「夜空のトランペット」にメロディが
似ています。
メンデルスゾーンの方が時代がはるかに先ですから、
似ているとしたらニニロッソが意識したので
しょうけど…(^_^;)

ホルンやトランペットは細かい繊細なメロディを
吹くことが難しい。どちらかと言うと音色そのもの
で勝負するわけです。従って音量的にそれらの
楽器よりオカリナは劣りますが、旋律そのものは
吹きやすい部類に属します。

吹く楽器で最も繊細なメロディを演奏できるのは
フルート->オーボエー>クラリネットー>
サキソフォンー>トランペットー>ホルン
の順番じゃないでしょうか。

サックスがトランペットより前に位置しているのは
繊細というより、あの独特の濁った音による味付け
のせいです。(*^_^*)

オカリナはクラリネットとサックスの間ぐらい
だと思います。(この間はかなり段差が大きい…^m^)

だから、オカリナの初心者は上記楽器向けの曲の
逆順に辿って練習すると良いと思います。(*^^)v





YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

スポンサーサイト
【2009/08/31 11:41】 | クラシック |
美空ひばり「悲しき口笛」
美空ひばりさんが12歳の時に歌って大ヒットした
「悲しき口笛」です。1949年ですからもう、
半世紀以上前になります。

この曲を聴くといつも思うんですが、リズムが
ジャズっぽい(・・?

アメリカ文化が爆発的に流れ込んだ当時は
ジャズって結構斬新だったんでしょうね。

そこで演歌っぽく同時に
ジャズっぽく吹いてみました。
女の子が背伸びした、ちょっぴり小生意気な
感じで…(*^_^*)

実はジャズって本当のところ良く分かりません。

ソニーロリンズやマイルスデイビスまでは
なんとかついて行けますが、オーネットや
コルトレーンなどフリー系以降はさっぱり…(^_^;)

以前仕事でニューオリンズに行ったときに
ここがジャズ発祥の地だって場所で
無茶苦茶古いジャズを聴きました。

ノリが良かった。実に。

12歳でこの曲をノリよく歌えるひばりさんって
やっぱり天才だったんですねぇ。\(^o^)/




YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/08/30 10:49】 | 演歌 |
氷川きよし「玄海船歌」
昨年2008年の紅白歌合戦で氷川きよしが大トリで
歌ったのできよしファンの母が大喜びでした。

ただ、これがまた「ズンドコ節」だった。
これには母もガックリ…(^_^;)

昨年玄海船歌がリリースされて以来、この歌は良いと
母は言い続けてきたものですから。紅白で
氷川が歌うのを楽しみにしていましたから。

そこで「氷川きよしに代わって、あなたが
オカリナで吹きなさいよぉ。」
と母から年末にリクエストがありました。
それから玄海船歌を練習し、ようやく、吹けるように
なりました。

必ずしもオカリナで吹き易い曲ではありませんが、
なんと言っても正統派バリバリの演歌ですから
ひたすら演歌っぽく、さらに演歌っぽく、
また演歌っぽく吹いてみました。^m^

オカリナで演歌を演奏しておられるのを聴いたことが
ありませんが、これはこれでなかなか味があるものだと
思っております。(^。^)y-.。o○



YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/08/29 10:50】 | 演歌 |
岩崎宏美「思秋期」
1977年の岩崎宏美の「思秋期」は作詞: 阿久悠、
作曲: 三木たかし と言う当時のヒットメーカー
黄金コンビの作詞作曲だそうです。

以前放送された「NHK想い出のメロディ」かなんかで
岩崎宏美が阿久悠への追悼の意味を込めて、この曲を
歌ったのを聴いて良い曲だなぁ…と。(*^_^*)

この曲は題名がまず良いですよね。
青春の「思秋期」って、

中高年の「更年期」とは、かなり違います…^m^

母が「オカリナの音(ソプラノF管)は若い頃の
岩崎宏美の声に似ている。」、と不思議なことを
言い出しまして。(・・?

「岩崎宏美の若い頃」って言われても
よく分からないのですが、そうかなぁ?
と思い大好きなこの曲を吹いてみました。

\(゜ロ\)ココハドコ?
(/ロ゜)/アタシハダレ?
という若い女性の切ない感じ、

出てますかねぇ…(^_^;)



YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/08/28 11:27】 | 国内ポップス |
BUMP_OF_CHICKEN「三丁目の夕日・花の名」
2007年公開の映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の
主題歌「花の名」です。
これを歌ってたBUMP 0F CHICKENのメンバー全員が
地元千葉県佐倉市の出身。(*^^)v

「花の名」はよくカラオケで歌われました。

メロディが映画と同じくレトロっぽいので
年齢層を超えて歌いやすかったんでしょう。

オカリナでも吹き易いと思って挑戦してみたのですが、
もう一つピッタリ来ません。(^_^;)

レトロな部分と最近のメロディがハイブリッドに
なっているせいでしょうかねぇ。

ミミレド(低)とか、ラ(高)ドド(低)とかで
切れるところが寸詰まりのような感じになります。^m^

歌ってるとそんなことはないのですが…

不思議…(・・?




YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/08/27 10:38】 | スクリーン・ミュージック |
ペレス・プラード「ソラメンテ・ウナ・ベス」
「ソラメンテ・ウナ・ベス」と言う曲名だけだと、
皆さん「何これぇ?」と思われるのではないでしょうか。
自分も最初そう思ったんですが、メロディを聴くと
「あぁ、あの曲ね」と分かりました。

1941年にメキシコで作られたボレロで、題名の
スペイン語を翻訳すると「ただ一度だけ」。
ウナが「1」でベスが「回」、ソラメンテが
「ただ~だけ」(・・?

英語の題名は「You Belong To My Heart」???
全然違いますよねぇ。^m^
多分歌詞からのイメージなんでしょうけど…

でも、イメージは大切ですよね。
自分はオカリナで曲を吹く場合、楽譜や
演奏テクニックよりイメージを大事にしています。
この曲だとペレス・プラード(Perez Prado)楽団の
イメージです。
(と言っておけば、下手でもカッコがつく…^m^)

気に入った曲を聴いている時間のほうが
実際にオカリナで吹いているより長いかも
知れません。(通勤の途中でも聴けますから)

そこで自分なりにイメージを頭の中で
作っちゃうわけです。これがあやふやだと
どうも思ったように吹けません。
(思ったように吹けないのは、テクニックの
せいもありますが…(^_^;)

メトロノームを聴きながら演奏する方も
おられるでしょうが、自分は使用して
おりません。

白紙の上に生で吹きたいんですよね。
自由に、好きなように…

Solamente una vez!(ただ一度だけ)




YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/08/26 11:31】 | 海外ポップス |
メンデルスゾーン「歌の翼に」
「歌の翼に」(Auf Flugeln des Gesanges)は
メンデルスゾーンの数ある歌曲の中で
最も有名で日本においても良く唄われる曲です。

1836年作曲の歌曲集「六つの歌」の第2曲で歌詞は、
ドイツの詩人ハインリッヒ・ハイネの詩から
とられたものだそうです。

この曲を録音しながらふと気付いたんですが、やはり
人に聴いてもらってる時の方が良く音が伸びます。

なんと表現していいのか、
聴いている人も演奏に参加している感じかな?

応援してもらって演奏するパワーをいただいて
いるような…

やはり音楽を通じて一つのコミュニケーションが
成立しているんですね。

しかしこちらがミスをすると、それも敏感に
影響するようですが…(^_^;)




YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/08/25 11:44】 | クラシック |
平井堅「大きな古時計」
「大きな古時計」は平井堅が2002年に歌って、
甲子園の入場行進曲にもなったのでご存知の方も
多い曲ではないでしょうか。

元々はアメリカのヘンリー・クレイ・ワークが
イギリスで宿泊先のホテルの主人から聞いた
エピソードを1876年に歌にしたものだそうです。
原題はMy Grandfather's Clock。

実家にある卓上式の置時計は、おじいさんが
亡くなっても、元気にまだチク タク チク タク
動いています。(*^^)v





YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/08/23 12:38】 | 抒情歌・唱歌・童謡 |
水森かおり「輪島朝市」
「輪島朝市」は2008年レコード大賞の優秀作品賞に
選ばれていましたし、紅白でも歌われました。
水森かおりさんの歌のなかでは、鳥取砂丘に次いで
好きな歌です。(*^_^*)

「強く生きろの言葉を胸に…」って二番の歌詞が
良いですよね。

輪島朝市に店を出しているのは、中高年の女性が
多いそうです。そのたくましさを貰えるような
歌です。

水森さんは氷川くんと並んで衰退気味の演歌を
支える一人です。

そう言えばこの二人、顔立ちが似てるような…^m^



YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/08/22 10:50】 | 演歌 |
映画:旅情「ヴェニスの夏の日」
1955年に公開された映画・旅情のテーマ曲
「ヴェニスの夏の日」です。

この曲は旅行番組のBGMとしてよく流されたので
お聴きになった方も多いのではないでしょうか。
マントヴァーニ(Mantovani)楽団のストリングスで
流れるような演奏が記憶に残っています。

映画自体はキャサリン・ヘップバーンが(オードリー
じゃなくて…)ヴェニスを旅して恋に落ちる話です。

旅で恋に落ちるのは映画でよくありますが、
現実の海外旅行では騙される話のほうが多いので
要注意です。^m^

メロディとしてはオカリナ向きの曲ですから、
よく演奏されます。

自分としては最高音から、
ファーファーファーファーーミ♭ミ♭ーレレー
と次第に下がる部分が好きです。(*^_^*)

褪めてゆく恋も、
なかなか味がありますので…

いつも、
相手からですが…(^_^;)



YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/08/21 11:45】 | スクリーン・ミュージック |
SMAP「らいおんハート」
2000年にヒットしたSMAPの「らいおんハート」です。

これはよく流行りましたよねぇ。
女性が好きな男性に歌って欲しい歌の中で
今でもトップだそうです。(*^_^*)

曲全体のノリが良いから、自分もカラオケで
よく歌いました。(*^^)v

よく歌った曲ってオカリナで吹き易いか?って
これは別の話でして、オカリナはやはり
それなりの吹き易い曲ってあるようです。

逆もそうです。オカリナで吹き易い曲は
必ずしも歌い易くはないような…(・・?

いずれにしても、

まず歌ってみること。
まず吹いてみること。

じゃないでしょうか。




YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/08/20 11:26】 | 国内ポップス |
岡山民謡「中国地方の子守歌」
岡山県井原市に伝わる民謡「中国地方の子守唄」
です。だれでも小さいときに聴いた記憶が
あるのではないでしょうか。


ねんねこしゃっしゃりませ
寝た子のかわいさ
おきて泣く子の
ねんころろ 面にくさ
ねんころろん ねんころろん


「寝た子のかわいさ
おきて泣く子の
ねんころろ 面にくさ」
って、今も昔も変わらないですよね。

特に昔のように子守り専業の少女にとっては
赤ちゃんを泣かすことじたいが自らの評価に
つながるような状況であれば、余計に
そう感じたのでしょう。



YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/08/18 12:13】 | 日本民謡 |
フォーレ「夢の後で」
フランスの作曲家フォーレ(Faure)の歌曲
「夢の後で」をアップしました。
この曲もよくオカリナで演奏されます。

曲名は「夢の後に」とも訳されています。
(原語のフランス語では「Apres un reve」
英文名は「After a dream」です。)

夢の後「で」でも「に」でも仏文・英文名の訳としては
正しいのです。でもニュアンスは微妙に違いますよね。

「夢の後で」と言うと、夢の後という前提が
「夢の後に」よりも強調されます。

「夢の後に」は後に起こった出来事の方に重点が
移るような…。

さて、この違いって演奏そのものに影響するので
しょうかねぇ?

変なことを言い出すようですが、言語によっても
人が情感の微妙な違いを感じ取っているとすれば
当然演奏にも影響を及ぼすのじゃないでしょうか。

一般にクラシック音楽はアングロ/ラテン系言語を
ベースに作曲されたものが多いのですが、それを
解釈する際の解釈側の言語にも影響されるんじゃ
ないかと。

つまり細やかな情感の差異を表現できる言語ほど
演奏には有利なのかも知れない、とかね。(*^^)v




YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/08/17 11:09】 | クラシック |
GLAY「紅と黒のMATADORA」
GLAYの2008年のリリースで「紅と黒のMATADORA」を
吹いてみました。

GLAYの曲は一般的に高音が多くてオカリナの
音階に収まらないのが多いのですが、この曲は
大丈夫です。(*^^)v

また最初の出だしがゆったりしているので、これは
吹き易いかもぉ~って思ったんですが…

後半がいつものGLAYらしくロック風で指が
なかなか思うようには動きません。(^_^;)

結構ロックは好きなんですが…

聴くのは。^m^

オカリナで演奏するのは難しい…。
特にオカリナ・ソロではロックの迫力を出すのは
ほとんど不可能です。

でも、ロックが好きなら、オカリナでも吹く
練習をしたほうが良いように思います。

いかにもオカリナで吹くような曲ばかり
吹いていると、やっぱり何か固まっちゃうような
気がするんです。

いかにもオカリナで吹くような曲でさえ
まともに吹けない人がそんなこと言うかぁ…
って、思われるかも知れませんが。(*^_^*)



YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/08/09 11:28】 | 国内ポップス |
シューベルト「アヴェ・マリア」
「オカリナを吹く時の息使いは自分の手のひらを
暖めるような感じで吹くとまろやかな音になります。」

これはオカリナの先輩からアドヴァイスを
頂いたものです。

オカリナは土器ですから、暖めるように手の
ひらに包んで息を吹き込むと、よく共鳴して
くれます。
出来るだけ、このフィーリングを手や息に
感じながら吹くように心がけています。

さて、いつもは一度吹いた曲は改めて吹きなおして
録音することはありません。
さらに練習して吹けるようになった曲は出来るだけ早く
録音して「新鮮さ」?を保つようにしています。(^_^;)

しかしこのこのシューベルトのアヴェ・マリアは
何回も録音しています。

最初の方ですが、
ラーッシ、ラーソ♯ーー と演奏する部分があります。

そのラーソ♯ーーと半音下がるところ何とも
脱力感?を感じると言うか…好きなんです。(*^_^*)

どうも音階的にラーソ♯ーじゃないと駄目なんですよね
これが。(*^^)v

ファーミーとかドーシーとかじゃ感じが出ない。

皆さん、そんな感じはしませんかねぇ。(・・?




YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/08/08 11:41】 | クラシック |
夏川りみ「涙そうそう」
「涙そうそう」は森山良子さんが作詞、BEGINが作曲、
夏川りみさんが歌い大ヒットしました。

2001年ですから比較的最近の曲です。
(それでも、もう懐メロ…)

沖縄風のメロディはオカリナに合います。
どこかおっとりした雰囲気だからでしょう。
余計な小節は入れずに、純粋に原曲の雰囲気で
吹いてみました。(*^_^*)

森山さんは若くして亡くなったお兄さんを想って
作詞したそうですが、充分、恋人同士にも
通じますよね。(*^^)v




YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/08/07 11:03】 | 国内ポップス |
堀内孝雄「愛しき日々」
堀内孝雄の「愛(いと)しき日々」は題名だけ読むと
恋愛の日々を想い出してるように聞こえますが、
そうではありません。(^_^;)

1986年の年末に、テレビで放映された時代劇
「白虎隊」の主題歌として、小椋佳作詞、
堀内孝雄作曲で作られたそうです。

幕末、時代の変動に流される会津藩や
そこで暮らす少年達の状況を描いたとの
ことです。動乱に巻き込まれる前の
人々の平穏な暮らしを「愛しき日々」と…。

最近は少なくなりましたが、この曲のような
スローバラードは最もオカリナの得意とする
ところです。

オカリナを吹く人の人数が昔と今でどうなって
いるのか知りませんが、少なくとも昔の方が
吹ける曲が多かったことは間違いないようですね。

近頃オカリナを始めた者にとっては、
昔から吹いている人はレパートリーになる曲が
多くて、うらやましい限りです。(*^^)v



YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/08/04 11:15】 | 国内ポップス |
美空ひばり「哀愁出船」
1963年最盛期の美空ひばりさんが歌った
「哀愁出船」です。以前に「哀愁波止場」を
アップしましたので「哀愁」シリーズ?第二弾(*^^)v

年末にテレビで美空ひばり特集をやってました。
あい変わらずの人気ですよねぇ。

ひばりさんの歌に「はずれ」はありません。
曲に困ったときはひばりさんの歌を演奏してれば
必ずうけます。

中高年の皆さんには…^m^

今ではほとんど忘れてしまいましたが、子供の頃に
母方の祖母からお琴を、父方の祖母から三味線を
習っていました。

そのせいでしょうか邦楽に対する違和感がありません。

演歌とか民謡とかがオカリナで吹けるのも
おばあちゃん達のお陰かも。m(__)m




YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/08/03 11:17】 | 演歌 |
千と千尋の神隠し「いつも何度でも」
2001年宮崎アニメ・千と千尋の神隠しの主題歌で
木村弓さんが歌ってヒットした「いつも何度でも」です。

宮崎アニメの曲ってオカリナで吹き易いんです。
音階が狭い範囲に収まっており、かつメロディアス
だから。

何よりも歌詞や雰囲気が子供時代を思い出させるから
でしょうね。

さてオカリナの演奏技法の話題になりますが、
「キュポ」って音をプロの演奏でも耳にします。

このキュポは、スラーで音を吹く、つまり息を
続けて音の変化は指だけで行う吹き方、の場合に
音と音のつなぎ目に雑音が入るからこのような
音がするわけです。

A)息を切るか、あるいはB)素早く指を変化させるか、
すればこのような雑音は入らないはず?ですが、
このキュポって、いかにもオカリナらしい音なので
わざわざ音の始めに別の音をつけて(フリル?)
この音を出している人もいます。

素人には上記のA)は簡単ですがB)は結構
難しいので自然発生的にキュポ、キュポと
なることがよくあります…(*^_^*)

さてこの「いつも何度でも」って曲は、歌を聴いて
いても、どこで区切れているのか判別がつかない。

オカリナで吹いても、つい同じような感じになり
キュポ、キュポとなった次第です。
(ピヨ、ピヨって聴こえるかもね…^m^)



YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/08/02 10:53】 | スクリーン・ミュージック |
ジャズ「聖者の行進」
「聖者の行進」は、1998年に放送されたテレビドラマ
のテーマ曲として脚光を浴びました。

本来はアメリカの黒人霊歌のようです。それが
ディキシーランド・ジャズのナンバーになり
ルイ・アームストロングのトランペット演奏などで
有名な曲です。

最初のスローな出だしから
ド、ミ、ファ、ソー ド、ミ、ファ、ソー


Oh, when the saints,Oh, when the saints
Oh, when the saints go marchin' in


が始まるところがなんとも景気が良くて
好きです。特にジャズ風にやると賑やかな
お祭りの猥雑さがありますよね。

こう自然に身体がスィングするような…

オカリナにはあまり猥雑さってないんです。
例えばアルトサックスのような。(^_^;)

基本的には素朴な透明感のあるピュアな
メロディが合う。

でも逆にオカリナの音とジャズ・メロディの
非対称性が面白いんじゃないかな?と思って
吹いてみました。

以前オカリナのアルトC管(中音)で演奏したものを
再度ソプラノF管(高音)で挑戦したものです。

ますます非対称性のギャップが拡大しております…(^_^;)



YouTube-Up曲人気順位一覧へ

オカリナ Home Pageへ

【2009/08/01 12:24】 | 海外ポップス |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。